探偵の浮気調査にかかる期間は約1ヶ月:最短で結果を出す3つの方法

「浮気調査はどのくらいの期間で終わるのだろう?」

探偵事務所に旦那さんの浮気調査の依頼を考えると、このような疑問が出てきますよね。

旦那さんの浮気調査をすることは、本当は知りたくないことを知るためです。

そのため、調査している間は「悪い結果になるのだから、調査が終わるまで待っている時間は不安になって落ち着かない」と思う方は多いです。

このことから、「浮気調査がどのくらいの期間で終わるのか」気になるのは当然と言えます。

結論としては、調査期間は平均で約1ヵ月です。

このページでは、「浮気調査にかかる期間と調査日数」について、さらに詳しく解説します。

加えて、「結果が出るまでの期間を短くする3つの方法」をお伝えします。

これを参考にしていただければ、不安で落ち着かない気持ちになる調査期間が短くなるはずです。

1.浮気調査にかかる「期間」と「調査日数」

冒頭でもお伝えした通り、「調査期間(調査が始まってから調査が終了するまでの期間)」は、平均すると「約1ヵ月」です。

実際には、1週間から半年ほどの間で終了するパターンがほとんどになります。

「調査期間」にばらつきがある理由は、後で解説する「浮気調査の目的」や「旦那さんの行動予定についての情報量」などの要因が大きく影響するからです。

また、「調査期間」と「調査日数」を一緒に考えないように気を付けましょう。

「調査期間」とは、先ほども説明した通り、「初回の調査から、証拠を取り終えた最後の調査までの期間」です。

一方、「調査日数(調査回数とも言う)」は、「調査期間の中で実際に調査を行う日数」になります。

「調査日数」の平均は、約6日です。

引用元:原一探偵事務所の浮気調査データ

平均調査日数 = ( 2日 × 29.0% + 5日 × 33.5% + 9日 × 23.0% + 10日 × 14.5% ) ÷ 100% = 5.8日
※上グラフ中の日数の多い場合で計算した結果

ここで言う「調査日数」の平均は、調査力が特に優れた「原一探偵事務所」で受けた依頼の統計です。

そのため、他の探偵事務所では「調査日数」と「調査期間」は延びる可能性が高くなります。

つまり、「調査期間」と「調査日数」の平均の関係は、下図の通りです。

また、「調査期間は約1週間」といった短い日数で解説しているサイトの場合、「調査日数」のことを言っている場合がほとんどです。

「調査期間」と「調査日数」は混同しがちですが、勘違いをしないように注意してください。

2.「調査期間」と「調査日数」に影響を与える4つの要因

浮気調査の日数と期間は、大きく分けて次の4点が大きく影響します。

  1. 探偵に調査を依頼する目的
  2. 調査のターゲット(旦那さん)の行動予定に関する情報量
  3. 調査のターゲット(旦那さん)の警戒度
  4. 旦那さんが浮気相手と会う回数

この項では、上で挙げた4点について、詳しく解説します。

2-1.探偵に調査を依頼する目的

探偵に浮気調査を依頼する目的は、次の2つに分けられます。

  1. 復縁することが目的の場合
  2. 慰謝料請求と離婚することが目的の場合

基本的に探偵に浮気調査を行う目的は、「裁判でも通用する不貞行為の証拠」を手に入れるためです。

「不貞行為」とは「既婚者が結婚相手以外の異性と肉体関係を持つこと」です。

また、「不貞行為の証拠」とは、旦那さんが浮気相手とラブホテルに出入りしている写真や動画など、肉体関係を持ったことを証明するものです。

「不貞の証拠」があることで、夫婦間の話し合いや裁判で、あなたが圧倒的に有利な立場になります。

裁判で通用する証拠は、不貞を複数回(3回程度)行ったということがわかるものが望ましいです。

1回だけだと、「出来心でやってしまった」という言い訳が通用する可能性があるからです。

そのため、必然的に「調査回数」が多くなりやすいです。

その結果、調査費用が多くなる傾向があります。

ただし、復縁したい場合は、不貞の証拠は1つですむことが多いです。

夫婦間の話し合いの中で、「旦那さんをこらしめることができれば良い」という考え方ができるからです。

「夫と復縁をしたい」と考えているのであれば、旦那さんを必要以上に追い詰めすぎないことも大切であると考えてください。

「つい、出来心でやってしまった」や「気の迷いだった」といった、少しの逃げ道を作ってあげることで、旦那さんも自分の罪を認めつつ反省しやすくなります。

一方、慰謝料請求をするなら、逃げ道を作ってはいけません。

この場合、徹底的に調査を行いましょう。

言い逃れができてしまうと、慰謝料の請求が法的に認められなくなる可能性があるからです。

なお、裁判で有効になる証拠について詳しく知りたい方は、次の記事を参考にしてください。

旦那の浮気や不倫で慰謝料請求が認められる証拠の種類と取得方法

2017.07.02

2-2.調査のターゲット(旦那さん)の行動予定に関する情報量

旦那さんが「いつ」「どこで」「浮気相手と会うのか」がわかっていた方が、調査は早く終わる可能性が高いです。

「調査を行ったが浮気相手と会わなかった」という日を、減らすことができるからです。

具体的に、次の状況を比べてみましょう。

  • 「夫が浮気相手と水曜日の19:00に会う約束をしている」という情報を持った状態
  • 「夫が浮気している気がするけど、いつ不倫をしているのかわからない」という状態

この2つを比べると、前者の方が1回の調査で不貞の証拠をつかむ可能性が高いことは間違いありませんよね。

つまり、「旦那さんの行動予定について詳しい情報を多く持っているほうが、少ない回数で浮気調査を終わらせることができる」ということです。

ただし、後述しますが、強引な方法で情報を手に入れようとしてはいけません。

旦那さんに「浮気を疑われている」と思われて、警戒されるからです。

2-3.調査のターゲット(旦那さん)の警戒度

当然ですが、旦那さんの警戒度が高いほど、浮気調査は難しくなります。

浮気の証拠を残さないように対策をしていたり、尾行されていないか、後ろを気にしたりすることが多いからです。

このことから、警戒心が強い旦那さんを調査する場合、調査期間や日数が延びてしまう傾向があります。

つまり、「調査費用が高くつくことになる」ということです。

警戒心が強い人の性格としては、次にあげられます。

  • 理屈っぽい
  • ネガティブ思考

理屈っぽい方やネガティブ思考の方は、物事が悪い結果になった場合を予想していることが多いです。

そのため、「痛い目を見ないように、浮気がばれないように対策をしている可能性が高い」と言えます。

また、「あなたに浮気調査をされているかも」と感じている旦那さんは、警戒心がMAXの状態です。警戒されると、証拠をつかむことがとても難しくなります。

浮気調査を疑われるような行動は、絶対にしないようにしましょう。

浮気調査中のNG行動については、次の記事を参考にしてください。

優れた探偵の浮気調査はバレない!旦那にばれる2つの原因と対処法

2017.11.23

警戒度が高い職業は、次の通りです。

  • 芸能関係
  • 政治家
  • 弁護士
  • 探偵

芸能関係や政治家は、スキャンダルを嫌います。

特に、政治家は不倫がバレたら、確実に仕事を失います。政治家生命がかかっているため、警戒心はかなり強いです。

ワイドショーなどで、政治家の不倫スキャンダルを取り上げられることがありますよね。

しかし、これはごく一部の警戒心が少し薄かった方々です。

ほとんどの政治家は、警戒心MAXの状態であると言えます。

弁護士と探偵については、仕事を通じて「『不貞の証拠』を撮られた側が100%不利な立場になる」ということを目の当たりにしています。

要するに、警戒心が強く、浮気をしていたとしても自分が都合の悪い状況にならないように、対策しているのです。

特に、過去に探偵をやっていた、もしくは現役の探偵の方は、浮気調査の方法を熟知しています。

つまり、「尾行中の探偵を見分ける技術をもっていたり、浮気の証拠をつかみづらくする方法を知っていたりする」ということです。

もし、旦那さんがこの項で紹介した性格や職業である場合、浮気の証拠をつかむことは難しくなります。

この場合、先に紹介した平均の調査期間よりも、長くなることが多いです。そのため、あせらず確実に証拠をつかむには、長期的に見る余裕が必要でしょう。

2-4.旦那さんが浮気相手と会う回数

旦那さんが浮気相手と頻繁に会っていれば、調査期間が短くなる可能性が高いです。

たとえば、「1ヵ月に1度しか浮気をしない旦那さん」と、「週に1回のペースで浮気相手と会っている旦那さん」を比べてみましょう。

週に1度の浮気をしている場合、月に1度と比べて、単純に計算すると4倍も浮気の証拠をつかむチャンスがあるのです。

つまり、「頻繁に浮気を繰り返す旦那さんは、浮気の証拠をつかみやすい」ということです。

ただし、次の条件が重なった場合、浮気調査の空振りが増える可能性があると言えます。

  • 月に1度など、浮気相手と会う頻度が少ない
  • 旦那さんの行動予定がわからない

この場合、何度か調査を行ってターゲット(旦那さん)の行動を把握する時間もかかってしまいます。

そのため、「調査期間」だけでなく「調査回数」も増えやすいのです。

その結果、探偵の調査料金が高くなってしまいます。

探偵の調査費用は、基本的に「調査回数 × 1回の調査時間」で計算されるからです。

探偵の調査費用について詳しくは、次の記事をご覧ください。

浮気調査の費用や相場:探偵事務所に直接聞いた具体的な料金体系

2017.06.04

3.結果が出るまでの期間を短くする3つの方法

「不貞の証拠」を早くつかんで浮気調査を終了させるためには、1回の調査で証拠をつかむ可能性を高くする必要があります。

「不貞行為の証拠」を得る確率を上げるために、あなたができることは次の3点です。

  1. 旦那さんの行動予定に関する情報を手に入れる
  2. カップルにとって大切なイベントシーズンに狙い撃ちする
  3. 技術力が高い探偵に依頼する

この項では、上の3点について解説させていただきます。

3-1.旦那さんの行動予定に関する情報を手に入れる

先ほど解説した通り、「旦那さんは浮気相手といつ会うのか」を把握していると、浮気調査を行う日を狙い撃ちできます。

その結果、調査期間と調査日数が短くなりやすいです。

浮気相手と連絡を取る場合、スマートフォンでのメールやラインがほとんどです。

そのため、旦那さんに内緒でスマホの中身を見ることができれば、確実に浮気をする日がわかります。

しかし、むやみに旦那さんの携帯電話やスマートフォンをのぞき見してはいけません。

もし、浮気を疑って調査をしていることがバレてしまった場合、旦那さんは警戒心を強くして、浮気相手と会うことをしばらくの間、控えるなどの対策をする可能性が高いです。

こうなってしまうと、探偵に調査をしてもらっても不貞行為の証拠をつかむことができなくなります。

自分で浮気調査をするリスクについて詳しくは、次の記事を参考にしてください。

浮気調査を探偵に依頼する場合と自分で探るメリットとデメリット

2017.07.16

どうしても、旦那さんのメールやラインをチェックして、浮気相手と会う日を特定したいのであれば、調査依頼をする探偵事務所に相談することをおススメします。

探偵事務所の相談員さんであれば、「コツ」や「諦めるタイミング」など、詳しく教えてくれるはずです。

また、自分で浮気調査する方法は、下記の記事も参考にしていただけると幸いです。

夫の携帯を調査して浮気の証拠を見つける方法と2つの注意点

2017.05.09

3-2.カップルにとって大切なイベントシーズンに狙い撃ちする

イベントシーズンを狙って浮気調査を行うことで、調査期間を短くすることができます。

恋人同士のイベントは、不倫カップルにとっても関係を良好に保つために欠かせないからです。

そのため、確実に「不貞の証拠」をつかむことができます。

ここでいうイベントシーズンとは、主に次の5つです。

  • クリスマス
  • バレンタインデー
  • ホワイトデー
  • 夏祭り・花火大会
  • 誕生日

上記のイベントは、当日ではなくても、前後5日程度の間に会う可能性が高いです。

特に、クリスマスは浮気が多く行われています。

この時期は、「不貞の証拠」をつかむ可能性が圧倒的に高くなるのです。

ただし、Xmasは探偵事務所が1年でもっとも忙しくなります。

そのため、クリスマスに浮気調査をしたい場合、遅くとも1か月前の11月中旬には探偵に依頼を済ませておきましょう。

クリスマスの浮気調査についてより詳しく知りたい方は、次の記事をぜひ参考にしてください。

浮気調査を探偵に依頼するならクリスマスが最適な2つの理由と注意点

2017.11.12

もし、「夫がいつ浮気相手と会っているのかわからない」という状態の場合、イベントシーズンを狙うことをオススメします。

3-3.技術力が高い探偵に依頼する

技術力が高い探偵に依頼することで、調査期間と日数を短くすることができます。

なぜなら、尾行や張り込み調査は高いスキルが必要だからです。

スキルが低い探偵では、尾行中に旦那さんを見失ったり、張り込み中に不審者と間違えられて通報されたりすることがあります。

このようなことが起こると、調査にかかる期間と日数は延びてしまいます。

調査技術が低い探偵事務所の特徴は、格安の調査費用をアピールしている傾向があります。

探偵の人件費にかかるコストを抑えた分、調査力が低くいことが多いからです。

調査力が低いということは、「『不貞の証拠』をつかむまで時間がかかる可能性が高い」ということです。

つまり、調査費用の見積り額は安くても、最終的には割高な金額を請求されることがあり得ます。

探偵選びは、見積りの安さではなく、実績と技術力で決めるべきです。

最初の見積もりは割高に感じますが、結果的に安く済むと考えましょう。

「優秀な探偵の選び方」と「信用できない探偵の見分け方」については、ぜひ次の記事を読んでおいてください。

信用できない探偵を見分ける6つの注意点と誤解しやすい2つの売り

2017.09.30

必読!浮気調査を依頼するときの優良な探偵の選び方:7つのポイント

2017.06.19

当サイトでは、「原一探偵事務所」をオススメしています。

私が過去に浮気調査を依頼したとき、びっくりするほど早く証拠をつかんでくれました。

また、創業43年間で10万件以上を解決させた実績もあり、とても優秀です。こういった実績があるからこそ、安心して依頼出来ましたし、一発で浮気の証拠をつかんでくれました。

無料相談を活用して、わからないことや不安なことは、何でも聞いてみましょう。

まとめ

浮気調査にかかる期間と、実際に調査を行う日数については、平均などの一般的なことしかお伝えすることができません。

100人いれば、100通りのライフスタイルや行動パターンがあるからです。

そのため、より具体的な調査期間を知るには、探偵事務所に相談することが一番です。

なお、ほとんどの探偵事務所は、無料で相談ができます。

この無料相談を利用して、あなたに合う、信頼できる探偵事務所を探しましょう。

とはいえ、探偵なんて利用したことがなく、本当に信用していいのか不安になりますよね。

私もそうでした。ずっと悩んでいて、行動に移せない日々が続いてしまいました……。

しかし、今思えば、悩んでいても何も変わらないのですよね。

やはり、悩みを解決するには行動することが近道だと感じています。

浮気問題を解決させるためには、最初の一歩を踏み出すことが何よりも大切だと考えましょう。

探偵事務所は全国に星の数ほどありますが、実力があるのはほんの一握りです。

一度の依頼で失敗しないためにも、できるだけ早く準備をして、まずは信頼できる探偵事務所へ無料相談することから始めることをおススメ致します。

当サイトでオススメする探偵事務所を知りたい場合、次のページを参考にしていただけると幸いです。