旦那の浮気や不倫で慰謝料請求が認められる証拠の種類と取得方法

旦那さんが浮気をしていることに気付くと、「裏切られた」という気持ちから「慰謝料請求してやる」と考える人は多いはずです。

ただ、浮気をしている証拠がなく疑っているだけでは、どれだけ旦那さんを責めたとしても浮気の事実は認めないでしょう。

しかし、慰謝料請求に応じさせるには、言い訳ができないような証拠をつきつける必要があります。

たとえば、ラブホテルに出入りしている現場の写真や動画などです。つまり、不貞行為(配偶者をもつ人が、それ以外の方と性的関係を持つこと)が認められる物的証拠のことです。

不貞行為の証拠があれば、裁判を起こした場合でも間違いなく慰謝料請求は認められます。

また、示談交渉においても、「請求に応じないで裁判まで進んだ場合、結局は負けることがわかりきっている」という理由で、慰謝料請求に応じざるを得ないのです。

しかし、不貞行為の証拠と思っているものが実は証拠として認められず、逆に旦那さんに責められて終わってしまうことが十分にあり得ます。

証拠として、認められないものもあるからです。

そこでこのページでは「旦那の浮気や不倫で慰謝料請求が認められる証拠の種類と取得方法」を紹介します。

「証拠」についての正しい知識を身に付けて、慰謝料請求の準備に活かしていきましょう。

1.慰謝料請求に応じさせるには「直接証拠」が最適

浮気の場合、「直接証拠」と「状況証拠」の2種類があります。

この2種類の違いを、下表にまとめました。

証拠の種類裁判での証拠力示談での証拠力具体例
直接証拠
(不貞行為を証明できるもの)
浮気相手と性行為中の写真や画像
浮気相手の自宅やラブホテルに出入りしている写真や画像
不貞行為を認める文章・誓約書
状況証拠
(状況的に不貞行為を連想させるもの)
×メール、LINE等での文章のやり取り
レシート・領収書・クレジットカードの利用明細
見覚えのない避妊具の所持
ICレコーダー等による浮気相手との会話記録
旦那さんの行動を記した日記
旦那さんの所持品や車に設置したGPSの履歴

「直接証拠」とは、第三者が見ても疑いようのない、不貞行為を証明するものです。

証拠としての力が強く、法的に認められる証拠になります。そのため、裁判あるいは示談交渉でも、確実に慰謝料請求に応じさせることができます。

一方、「状況証拠」とは、「不貞行為をしたと考えられる」ものです。

一見すると、不貞行為の証拠になると思えます。

しかし、「そういう文章のやり取りで遊んでいただけで、不貞行為はしていない」や、「休憩するために1人でラブホテルに入った」などの言い訳が通用します。

そのため、法的に認められず、示談交渉をしても慰謝料請求に応じない旦那さんもいるでしょう。

以上のことから、あなたにとって有利に慰謝料請求に応じさせるには「直接証拠」を得ることが必須と言えます。

法律上は証拠にならない「状況証拠」であったとしても、見つけた場合は必ず保管しておきましょう。

話し合いで不貞行為を認めて、慰謝料を支払う旦那さんも少なからずいるからです。また、浮気調査をする場合、旦那さんの行動予定の把握に役立つことがあります。

2.証拠を得る2つの方法

証拠を得るには、次の2つの方法があります。

  1. 自分で浮気調査をする
  2. 探偵事務所に依頼をする

この項では、上記の方法についてのメリット、デメリットを解説していきます。

2-1.自分で浮気調査をする

この方法のメリットは、費用がかからないことです。

しかし、それ以上に大きな、次に挙げる3つのデメリットがあります。

  1. 「直接証拠」をつかむことが困難
  2. プライバシーの侵害や法律違反をするおそれがある
  3. 浮気調査をしていることが旦那さんにバレる可能性が高い

昨今では、インターネットで「自分で浮気調査をする方法」を、簡単に調べることができます。それを読んでいると、自分でもできるような気になってくるでしょう。

しかし、実際にはとても難しく、リスクが高いわりには成果を得づらい方法なのです。

もし、自分で浮気調査を行うのであれば、次に説明することを理解した上で慎重に進めましょう。

2-1-1.「直接証拠」をつかむことが困難

「直接証拠」をつかむには、尾行をしてラブホテルに出入りしている現場を、写真や動画でおさめる必要があります。

しかし、これは素人が1人で行うのはとても難しく、たとえば車で尾行をする場合、以下の3つのことに気を付けなければいけません。

  1. 旦那さんの車を見失わない
  2. 事故を起こさないように安全運転を心がける
  3. 旦那さんに尾行されていると思われないように気を付ける

旦那さんの車がウインカーを出さずに突然車線変更をしたり、右左折したりということがあります。また、他の車が割り込みをしてくることも考えられます。

このような状況で、上記の3点に気を付けることはとても難しいと言えるでしょう。

もし、尾行が成功してホテルに出入りしている写真を撮影したとしても、鮮明で正面から撮影されている写真でなければいけません。本人であることがわかりづらい場合、言い逃れができてしまうからです。

つまり、第三者が見ても誰が写っているか特定できるものでなければ、証拠として成り立たないのです。

このように、尾行調査は素人1人で簡単にできることではありません。不貞行為の証拠を手に入れるのは、難しいと考えてください。

そのため、労力と時間のわりに得られるものが少ないと言えます。

2-1-2.プライバシーの侵害や法律違反をするおそれがある

自分自身で証拠をつかもうとすると、ムキになって携帯電話やスマートフォンのセキュリティを解除してメールやLINEをチェックしてしまいがちです。

また、先に解説した「直接証拠」を得るために、尾行調査をする方もいらっしゃいます。

しかしこのような行為は法律などに抵触するおそれがあります。そのため、逆にあなたが慰謝料請求されるなどの不利な状況になってしまう可能性があるのです。

個人で行う浮気調査の方法と、抵触するおそれのある法律を下の表にまとめました。

調査方法抵触する恐れのある法律夫婦間の違法性
旦那さんの携帯やスマートフォンのロックを許可なく解除し、中身を覗き見る行為信書開封罪
プライバシーの侵害
夫婦間であっても、違法となる可能性がある
尾行調査や張り込みを行った場合ストーカー規制法執拗につけまわしたり、相手に恐怖を与えている場合、夫婦間でも違法行為
Gメールなどのウェブ上でログインする媒体のアカウント情報を不正に入手してログインした場合不正アクセス禁止法夫婦間でも、明らかな違法行為
スマートフォンに「盗難防止用アプリ」を許可なく、または利用目的を偽ってインストールし、監視する行為不正指令電磁的記録の供用罪
GPSで現在地を確認する行為プライバシーの侵害夫婦の共有物にGPSを設置、かつ正当性がある場合、違法性は問われない
(カバン等の個人所有物に設置した場合、違法となる可能性あり)
調査のため旦那さんの浮気相手の自宅へ侵入する住居侵入罪浮気相手は他人であるため、明らかな違法行為
知り合いに尾行や張り込み調査を依頼する行為探偵業法依頼の報酬として金銭の受け渡しがある場合、違法行為

このように、「夫婦間だから、このくらい問題にならないはず」や、「そもそも浮気をする方が悪いんでしょ!」と思って自分で浮気調査をしてしまうと、思わぬしっぺ返しをくらうことになりかねません。

そのため、自分自身で調査を行うのであれば、行おうとしている方法が法律やモラルの観点から問題ないのか、確認する必要があります。

2-1-3.浮気調査をしていることが旦那さんにバレる可能性が高い

自分で浮気調査をするということは、一緒に住んでいる旦那さんの目を盗んで調査をすることになります。そのため、わずかな態度の違いで見抜かれたり調査している現場を目撃されたりということがあります。

自分で浮気調査を行う場合、バレるパターンは次の4つの代表例があります。

  1. あなたが浮気を疑っている態度を旦那さんが感じ取る
  2. スマホなどのセキュリティ解除した、または解除しようとした履歴からバレる
  3. 尾行していることがバレる
  4. 旦那さんの衣類やバッグの中をあさっている現場を見られてしまう

もし、調査していることがバレてしまうと、旦那さんはあなたに浮気の事実を知られることを警戒します。すると、メールなどのデータを削除したり、レシートや領収書などの疑わしいものを廃棄したりするでしょう。

さらに、証拠をつかまれることを警戒して、しばらくは浮気相手と会うやめる可能性が高いです。

このように警戒されると、今後浮気調査をしても、証拠が出てこないことがほとんどです。

また、先の「プライバシーの侵害や法律違反をするおそれがある」で解説したように、あなたの調査方法が法律に抵触する場合、逆に慰謝料請求をされる可能性があります。

最悪の場合、「婚姻関係を継続しがたい重大な事由」として、離婚を突き付けられることも考えられるのです。

そのため、自分で調査を行う場合は、絶対にバレないように細心の注意を払いましょう。

2-2.確実に証拠を押さえるには探偵事務所に依頼すること

探偵に依頼をするメリットは、次の5つがあります。

  1. 特殊な訓練を受けた探偵が調査を行うため、「直接証拠」を得やすい
  2. 専用の特殊機材で浮気現場を撮影するため、「直接証拠」を得やすい
  3. 調査結果を、「調査報告書」として証拠の信憑性が高い
  4. 「探偵業法」により、個人よりも合法な調査方法が多い(尾行調査や撮影など)
  5. 相談員のアフターフォローが受けられる

ただし、次の2点のデメリットがあります。

  1. 高額の調査費用がかかる可能性がある
  2. 信頼できる探偵事務所を選ばなければ、余計に費用を支払うことになる可能性がある

特に2番については、気をつけなければいけません。

いい加減な調査をされてしまうと、必要以上に時間とお金がかかったのに証拠が得られなかったということもあります。また、探偵に依頼をしたのに、旦那さんにバレるということもあります。

これを避けるためには、下記記事を参考にしていただければと思います。

浮気調査を依頼する優良な探偵の選び方:絶対外せない7つのポイント

2017.06.19

浮気の証拠を手に入れようとするならば、自分で調査をするのではなく、プロの探偵事務所に依頼をすることをオススメします。

3.「直接証拠」がつかめないときは「状況証拠」を組み合わせて不貞行為を認めさせる

この方法は、現状つかんでいる「状況証拠」で旦那さんが不貞行為をしているということを、理論立てて説明できる必要があります。また、どれだけ言い訳をされても、理にかなった反論ができなければいけません。

したがって、法的知識や交渉に長けた弁護士などの専門家に依頼をしなければ、とても難しい方法でしょう。

また、専門家に依頼をしても、結局のところ「状況証拠」が豊富になければ理屈を組み立てられません。そのため、証拠集めは探偵事務所に依頼をすることをオススメします。

もし、あなたと旦那さんとの個人間の話し合いで、不貞行為を認めて慰謝料請求に応じたとしたら、公正証書などの法的に認められる文書として残しておきましょう。

口約束や個人で作成した証書は、金銭トラブルの原因になるからです。

公正証書とは、当事者(代理人も可)が一緒に公正役場に出向いて、両者が合意した内容をもとに公証人(裁判官、検察官、弁護士などの法律の専門家)に作成してもらう証明書です。

公正証書を作成することで、旦那さんが約束の慰謝料を支払わなかった場合、裁判所を通して給与差し押さえや資産差し押さえなどの強制執行が可能になります。

また、この方法で「不貞行為」として認められることができなかったとしても、「婚姻関係を継続しがたい重大な事由」として慰謝料請求が認められることがあります。

ただし、「不貞行為」と比べて慰謝料の相場は下がります。

まとめ

旦那さんの浮気を理由に慰謝料を請求しようと考え始めると、必死になって自分で証拠を手に入れようとしてしまいがちです。

しかし、このページで述べてきた通り、あなた1人で「直接証拠」を手に入れることは、とても困難なのです。

そのため、まずは探偵事務所に相談をすることをオススメします。

たとえば、「原一探偵事務所」が良いでしょう。相談は無料ですし、夫婦カウンセラーの資格を持った相談員さんが対応してくれます。

依頼することが前提の相談でなくても、「旦那さんが浮気をしているかもしれない」という状況で、「どういうことに心がければ良いのか」や、「慰謝料をえるためにはどうすればいいのか」など、しっかりと説明をしてくれます。

また、自分で浮気調査をする方法や、注意点についても教えてくれます。

一度相談をしてから、「慰謝料請求に応じさせるためにどうするか」を決めても遅くないはずです。インターネットの情報に頼るのではなく、プロの意見を聞いてみるところから始めましょう。