多くの方が勘違いをしている浮気と不倫の明確な違いとは

旦那さんが浮気をしていることがわかったとき、慰謝料請求をして離婚をしようと考えたことがあるはずです。

結婚しているにも関わらず、浮気をするということは、あなたに対しての裏切りと言えます。そのため、わずかでも「離婚」の文字が頭をよぎることは当然です。

しかし、「浮気」という意味はとても広く、人によって考え方が違います。また、法律では「浮気」ではなく、「不貞行為」があったかどうかで判断されるのです。

不貞行為とは、「既婚者が、夫婦間以外で肉体関係を持つこと」です。

あなたが旦那さんにされたと思っている「浮気」の内容によっては、離婚の理由にならない可能性があります。

そのため、「浮気」という意味はどういうことなのか。また、似た使われ方をする「不倫」や、法律用語の「不貞行為」とはどう意味なのか、理解しておく必要があります。

そこで、このページでは「浮気」と「不倫」、「不貞行為」の明確な違いを解説します。さらに、「離婚の理由として認められる行為」についても、あわせて紹介します。

この内容をしっかりと理解することで、不必要に「離婚」という言葉を旦那さんに使うことがなくなるはずです。

無駄な言い争いでお互いを傷つけないように、ぜひ参考にしてください。

1.「浮気」と「不倫」、「不貞行為」の違い

「浮気」と「不倫」の定義はあいまいで、人によってボーダーラインが違います。一般的に、次の意味で使われていることが多いです。

  • 浮気:既婚、未婚関係なく、決まった相手以外と親密な関係を築くこと
  • 不倫:一方、または両者が既婚で、肉体関係を含めた親密な関係を築くこと

また、明確に意味が決まっているのは「不貞行為」だけです。

  • 不貞行為:既婚者が、夫婦間以外で肉体関係を持つこと

「浮気」は、「心が浮ついて変わりやすいこと」を意味するように、肉体関係を持っていない場合も含まれます。

たとえば、キスや手をつなぐという、異性への比較的軽いスキンシップです。

また、上記のようなアプローチがなくても、本人の気持ちが少しでもほかの異性に向いてしまうことで、「浮気」になります。

このように、「遊びを含めた軽い気持ち」であるため、本命はあなたの元に戻ってくることがほとんどです。

一方、「不倫」は、「どちらかが配偶者を持っていること」と、「肉体関係を持っていること」の2つを前提とした関係を意味しています。

当然ながら、とてもリスクのある行為で、夫婦関係が壊れることがあります。そのため、危険をおかしてまで「不倫」をするということは、本気で相手を好きになってしまっている可能性がとても高いです。

このように、「浮気」と「不倫」の線引きはあいまいでも、大きな違いがあります。

しかし、法律上で定められているのは次で説明する「不貞行為」のみです。

2.法律上、離婚の理由として認められるのは「不貞行為」だけ

もし、旦那の浮気で離婚裁判まで進んでしまった場合、離婚理由として認められるには「不貞行為」がなければいけません。

民法第770条

夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。

配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用元:wikibooks

一見すると、「不貞行為」と「不倫」は同じ意味に感じられますが、少し違いがあります。「不倫」は先に説明したとおり、「配偶者以外の異性と、肉体関係を含めた交際をすること」です。

つまり、「不倫」には恋愛感情があります。そのため、基本的に特定の相手と継続して関係を持つことになります。

しかし、「不貞行為」は、恋愛感情があるかどうかは関係ありません。結婚しているにも関わらず、夫婦間以外で性的関係を持つことは、すべて「不貞行為」になります。

そのため、本人は遊びのつもりで風俗を利用したり、出会い系サイトや居酒屋で知り合った人と一晩限りの関係を持ったりすることも「不貞行為」になるのです。

「浮気」と「不倫」、「不貞行為」の境界線については、下の表を参考にしてください。

食事デート親密な内容のメールをするキスやハグなどのボディータッチ特定の親密な相手とオーラルセックス特定の親密な相手とセックス風俗の利用たまたま知り合った人と一晩限りの肉体関係
離婚原因にならない離婚原因になる
浮気に該当
不倫ではない人によっては不倫と解釈不倫に該当不倫ではない
不貞行為ではない不貞行為に該当

3.離婚と慰謝料請求をするには、「不貞行為」を証明しないと難しい

先に説明したように、法律では「浮気」や「不倫」という言葉はなく、「不貞行為」があったかどうかのみが、判断材料になります。

つまり、訴訟を起こして、離婚や慰謝料を求める場合、「不貞行為」があったことを証明しなければいけないということです。

たとえば、「旦那さんと浮気相手がラブホテルに出入りしている場面の写真」や、「風俗へ通っていることがわかる写真」です。

ただ、証拠があれば有利になるとは言っても、「不貞行為の証拠」をつかむために、あなた自身で旦那さんの浮気調査を行うのはとても難しく、リスクがある行為です。

そのため、プロの探偵に調査依頼をすることをオススメします。

「探偵事務所に依頼をするメリット」と、「優良な探偵事務所の選び方」は次の関連記事を参考にしていただけると幸いです。

浮気調査を探偵に依頼する場合と自分で探るメリットとデメリット

2017.07.16

浮気調査を依頼する優良な探偵の選び方:絶対外せない7つのポイント

2017.06.19
訴訟を起こさず、夫婦間の話し合いでは、「不貞行為」の証拠がなくても相手が認めれば離婚が成立します。

慰謝料請求も同様に、旦那さんが支払いを認めることで決着がつくことがあります。

ただし、証拠がなければ、認めない旦那さんが多いです。そのため、「不貞行為」の証拠を準備しておくことに越したことはありません。

まとめ

旦那さんが浮気をしていたとしても、キスやハグ、食事デートでは離婚の原因とは認められません。

法律上、離婚の原因として認められ、慰謝料の請求ができるのは「不貞行為」があった場合です。また、旦那さんの「不貞行為」がわかる証拠がなければいけません。

また、当サイトで紹介しているおすすめ探偵事務所は、一年中、無料相談を受け付けています。

浮気調査を依頼することを考えているのであれば、当サイトが厳選した探偵事務所の無料相談を積極的に活用すると良いでしょう。

ベテランの相談員さんが、今までに依頼した方の事例や、浮気調査に関して知りたいことを丁寧に教えてくれます。

本当に依頼するかは、一度相談してから決めても遅くありません。相談員さんの話を参考にして、あなた自身がどうするべきか決めましょう。

おススメの探偵事務所の詳細は、次のページを参考にしてください。