浮気調査が失敗しやすくなる3つのやってはいけない行動を徹底解説

「探偵に浮気調査を依頼したいけど失敗することはあるのかな」

「浮気調査でやってはいけないことってあるのかな」

「浮気調査をして証拠をつかんでやる!」と考えると、こういう不安がありますよね。

失敗すると、旦那さんに浮気調査をしていたことがバレてしまうおそれがあるため、こう考えるのは当然です。

結論を言うと、やってはいけないことはあります。

浮気調査が失敗する可能性が格段に上がるからです。最悪は、二度と証拠をつかむことができなくなってしまいます。

すると、旦那さんは浮気をしているのに証拠がないから言い訳ばかりされるという、かなり精神的にキツイ状況になりかねません。

そこでこのページでは、「浮気調査が失敗しやすくなる3つのやってはいけない行動」を解説します。

確実に浮気調査を成功させるために、必ず読んでおきましょう。

1.浮気調査を失敗してしまうやってはいけない行動

浮気調査を行なう上でやってはいけないことは、次の3つです。

  1. 実力がない、もしくは詐欺まがいの探偵を選ぶ
  2. 自分で積極的に浮気調査をする
  3. 普段と違う態度をとってしまう

この項では、3点について詳しく解説していきます。

1-1.実力がない、もしくは詐欺まがいの探偵を選ぶ

あなたが探偵選びを失敗すると、浮気調査自体の失敗につながります。これも1つのNG行動と言えますよね。

具体的に、次のような探偵事務所に調査を依頼してしまうと、失敗の確率が格段に上がってしまいます。

  • 調査力(失敗せずに確実に証拠をつかむ能力)が低い探偵事務所
  • 詐欺まがいの行為を繰り返している探偵事務所

探偵の調査力は、会社によって月とスッポンです。

なぜなら、探偵は免許などの資格はいらなくて、探偵業をするための届け出を提出するだけでOKだからです。

そのため、素人が探偵を行なっている会社もあります。

探偵が基本的に行う浮気調査は「尾行」と「張り込み」です。これらはただ単に「ターゲット(旦那さん)の後ろをついていけばいい」といったカンタンなことではなく、特殊な技術が必要になります。

たとえば、「ターゲットに不審に思われない距離を取る」ことが必要な一方で、「見失わない距離を保つ」ということに気を付けなければいけません。

また、調査対象が気まぐれで突然電車を乗り換えたとしても、怪しまれずに尾行を続ける必要があるのです。さらに、車で尾行する場合は、交通事故に気を付けないといけません。

はっきり言ってしまうと、素人にできるはずがありません。

事実、私は旦那さんの尾行をしたのですが、「旦那さんに見つかっていないのか」、「不審に思われていないのか」と考えてしまって気が気ではありませんでした。

しかも、そうこうしているうちに見失ってしまったため、自分で尾行をすることをあきらめました……。

こういった技術がない探偵を選んでしまうと、確実に調査は失敗して調査費用の払い損になってしまいます。

また、詐欺まがいの探偵事務所に依頼すると最悪な状況になりかねません。

詐欺を行なう探偵は、次のことをします。

  • 最初の見積もりは安く見せ、実際は調査を行なっていないにもかかわらず、費用の水増し請求をして高額の調査費用を請求する
  • 浮気の証拠をつかんだ上で、旦那さんに「奥さんにばらされたくなかったら口止め料を支払え」と脅し、その一方であなたには「浮気の事実はありませんでした」と嘘をつく

旦那さんの浮気を疑っている状況だけでも毎日つらいのに、無駄な調査費用を支払わなければならないというダブルパンチを食らってしまいます。

さらに、詐欺をされてしまっては目も当てられませんよね。

つまり、実力がない探偵、詐欺まがいの探偵に調査を依頼することは、「調査が失敗する原因のNG行動」と言えるのです。

こうならないためにも、私が浮気調査を依頼した「原一探偵事務所」のような信頼できる優秀な探偵を選ばなくてはいけません。

優秀な探偵の選び方は、必ず次の記事を参考にしてください。間違いなく、探偵選びで失敗することがなくなります。

浮気調査を依頼する優良な探偵の選び方:絶対外せない7つのポイント

2017.06.19

1-2.自分で積極的に浮気調査をする

自分で調査することも、間違いなく失敗の原因です。

なぜなら、旦那さんに「浮気していることを疑われて証拠をさぐられているかも」と気づかれる可能性が高いからです。

もし、浮気調査をしていることがバレてしまうと、メールやラインなどの浮気の証拠を処分・消去されたり、ほとぼりが冷めるまで浮気相手と会わないなどの対策を取られてしまいます。

こうなると、優秀なプロの探偵でも証拠をつかむのは難しくなるのです。

そもそも、浮気相手と会っていなければ、証拠の写真や映像を撮ることが不可能だからです。

つまり、「浮気調査はバレたらおしまい」ということです。

そのため、「何としてでも浮気の証拠を見つけてやる!」と意気込んで、むやみにあなた自身で浮気調査を行なうことは非常に危険です。

事実、私が「原一探偵事務所」で直接面談をしたとき、相談員はこうおっしゃっていました。

「お客様自身でパートナーの浮気調査をした経験がある方は、たくさん相談にお越しになられます。ただ、『相手に見つかってしまった』や『どうしても証拠がつかめない』とおっしゃる方ばかりです」

このことから、自分で浮気調査をすることはオススメできません。

「実力がない、もしくは詐欺まがいの探偵を選ぶこと」でお話しした通り、私は自分で調査をしましたが、不安になったり失敗してすぐにギブアップして探偵に調査を依頼しました。

費用はかかりましたが、早めに「自分ではムリ」と判断がしたことが、すんなりと証拠をつかめた要因だと改めて感じます。

自分で浮気調査をするデメリットをさらに詳しく理解したい方は、次の記事をご覧ください。

浮気調査を探偵に依頼する場合と自分で探るメリットとデメリット

2017.07.16

1-3.普段と違う態度をとってしまう

普段から一緒に生活している旦那さんに対して、急に態度が変わったら絶対に不審に思われてしまいます。

特にやましいことがある旦那さんであれば、「もしかして、浮気していることに気づいている?」と思って証拠が見つからないように用心してしまいます。

これでは、浮気調査をしていることがバレたことと同じです。

具体的に、次のような行動をとってしまうと怪しまれます。

  • いつもより口数が増える
  • 旦那さんの予定を聞き出そうとする
  • そっけない態度で無口になる
  • 対象者の携帯電話、手帳などを盗み見しようとする

態度の変化は、旦那さんの浮気を疑って「どうすればいいのだろう」「顔を見て話せない」「探偵に調査をした方がいいのかな…」など、普段とは気持ちが違う場合に起こりやすいです。

すでに探偵に調査を依頼している場合、「調査に協力して、早く結果がほしい」と思いますよね。

しかし、これはやってはいけません。

せっかくプロに依頼しているのに素人が手を出したら、確実に失敗の原因になるからです。

原一探偵事務所」のような信頼できる優良な探偵に調査を依頼しているのであれば、完全にお任せしてしまった方が間違いなく失敗しなくなります。

もし、旦那さんの行動予定を聞き出す必要がある場合、探偵と相談して不自然に感じない方法を教えてもらってから行うようにしましょう。

また、探偵会社に調査を依頼していることがわかってしまうような履歴や書類も、しっかりと管理する必要があります。

たとえば、次の3つです。

  1. パソコンなどのインターネットで「探偵」ついて調べた検索履歴
  2. 探偵の名刺や広告
  3. 探偵に調査を依頼した契約書

これらも、旦那さんに見つかったらアウトです。検索履歴であれば削除し、契約書や名刺などの大切なものは旦那さんの目が届かない場所でしっかりと保管しましょう。

2.「探偵の調査失敗」の定義とは

探偵が「浮気調査を失敗した」と言える状況は、次の3つです。

  1. 旦那さんに浮気調査をしていることがバレる(最悪な状況)
  2. 尾行や張り込み中に旦那さんを見失う
  3. 不貞行為の証拠をつかむチャンスを逃す

基本的に、「浮気調査の失敗」というと「証拠が撮れなかった場合」をイメージする方がほとんどです。

しかし、それは間違いです。

「証拠が撮れなかった」ということは、「旦那さんは浮気をしていなかった」という調査結果を手に入れることができるからです。

ただし、探偵のミスが原因で証拠が撮れなかった場合、「調査失敗」となります。

基本的にこの定義の探偵事務所がほとんどですが、たまに違うことがあります。そのため、面談のときにしっかりと確認しておくことが大事です。

3.最悪な失敗は浮気調査をしていることが旦那さんにバレること

浮気調査をしていることや疑っていることは、絶対に旦那さんにバレてはいけません。

先にも説明した通り、浮気の証拠をつかまれないようにメールを削除するなどの対策をされてしまうからです。また、しばらくの間は浮気相手と会わなくなる可能性があります。

こうなってしまうと、どれだけお金と時間をかけても証拠をつかむことができなくなるのです。

「尾行調査中に見失った」などの失敗であれば、また調査を行なうチャンスは必ずやってきます。

しかし、バレてしまった場合はそうはいきません。取り返しがつかないのです。

もし、調査していることがバレてしまったのであれば、次の対応をしましょう。

  • しばらく浮気調査を中断し、旦那さんに浮気をしていそうな様子が見られたら調査を再開する
  • さらに優秀な探偵に調査を依頼する

ただし、この対応をしても浮気の証拠がつかめる可能性は、バレる前よりも低くなっていることは間違いありません。

いずれにいしても、「浮気調査では旦那さんにバレないようにすることが一番大事」ということをしっかりと覚えておきましょう!

4.探偵が調査に失敗したら返金されるのか

優良な大手の探偵会社では、「探偵のミスで調査を失敗した場合、返金する」という決まりが多いです。

「探偵のミス」とは、具体的に次のような場合です。

  • 尾行調査中に旦那さんを見失った
  • 浮気の証拠を撮影するチャンスを逃した
  • 旦那さんに見つかってしまった

ただし、「契約書を見られた」や「うっかり口を滑らせて、探偵に依頼していることを言ってしまった」など、あなたが原因で調査が失敗した場合は返金されません。

これについては、探偵事務所が原因ではないから当然ですよね。

とはいえ、探偵会社によっては「いかなる理由でも返金されない」といったパターンもあります。

返金や解約などの料金に関する説明と契約書への明記は、「探偵業法」で義務付けられているため、料金についての説明は契約を結ぶ前に必ず聞いておきましょう。

料金に関する説明がなかったり契約書に書かれていない場合、契約してはいけません。

その探偵事務所は「真面目に取り組んでいない探偵」や「詐欺の可能性がある」と言えるからです。探偵選びで失敗しないためにも、次の記事を参考にしていただけると幸いです。

信用できない探偵を見分ける6つの注意点と誤解しやすい2つの売り

2017.09.30

まとめ

浮気調査が失敗する行動は、あなた自身が気を付けていれば回避できます。

浮気調査の成功率を上げるために、あなたができることは次の3点です。

  1. 信頼できる優秀な探偵に調査を依頼する
  2. 自分の判断で調査を行なわない
  3. 普段と同じ態度をとるように意識して、詮索をしない

特に1番が重要です。

優れた探偵でなければ、時間とお金がかかるばかりで浮気をしている証拠が撮れないからです。

信頼できる探偵に依頼したのであれば、あとは100%お任せしてしまいましょう。素人が手を出すメリットはありませんからね……

探偵選びで迷っているのであれば、私が調査を依頼した「原一探偵事務所」がオススメです。44年という長い運営期間で11万件の解決実績を上げているからです。

この数値は、探偵業界でも飛び抜けた実績で、No.1の実力を持っていると言えます。

ただし、見積額は他社よりも少し高いです。

とはいえ、夫婦関係の修復ができ、今では幸せな生活を取り戻せているのは原一に依頼したおかげだと感じています。しかも、予定よりも調査が早く終わったため、調査費用の差額は返金してもらえたのです。

私が実際に原一に調査を依頼した体験談を知りたい方は、次のリンク先をご覧ください。

管理人の旦那の浮気調査体験談

相談だけなら完全に無料でできます。しかも、「夫婦カウンセラー」の資格を持った相談員と話せるのです。

通常のカウンセリングだと30分で5,000円が相場ですので、無料で話せるのはすごくお得ですよね。ぜひ活用して、幸せな生活を取り戻しましょう。