浮気調査を探偵に依頼するならクリスマスが最適な2つの理由と注意点

「夫が浮気をしているみたいだから、クリスマスに決定的な証拠をつかみたい」

「クリスマスに浮気調査を探偵にやってもらえば、確実に証拠が得られそうだけど本当かな……」

「夫が浮気している」と疑っている状態でクリスマスが近づくと、このように考える始める方は多いです。

クリスマスと言えば、カップルにとって誕生日と同じくらい重要なイベントですよね。

一方で、不倫カップルにとっても大切な時期とも言えます。

このことから、「夫は浮気相手と密会するだろうから、証拠をつかみたい!」と考えることは当然です。

しかし、「もし、調査の依頼をしても浮気の証拠が取れなかったら、お金がかかって困る」と不安になりますよね。

結論を言うと、 クリスマスの時期は確実に浮気の証拠をつかむことができます。

なぜなら、探偵に浮気調査をしてもらうベストなタイミングだからです。

そのため、浮気調査の失敗を考える必要はほとんどありません。

このページでは「浮気調査を探偵に依頼するならクリスマスが最適な2つの理由」を紹介します。

また、「クリスマスの浮気調査を依頼するときの3つの注意点」をあわせて解説させていただきます。

クリスマスのタイミングを活用して、積極的に探偵に調査依頼をすることをオススメします。

1.浮気調査を探偵に依頼するならクリスマスが最適な2つの理由

Xmasの前後が浮気調査に、ベストなタイミングである理由は次の2つです。

  1. 浮気の関係でも積極的に会おうとするため、証拠をつかみやすい
  2. 証拠がつかみやすいことで調査時間が少なくすみ、浮気調査の費用が抑えられる

つまり、クリスマスの時期の浮気調査は、「普段よりも費用を安くおさえつつ、確実に証拠をつかむことができる」ということです。

この項では、上記の2点について詳しく説明させていただきます。

1-1.浮気の関係でも積極的に会おうとするため、証拠をつかみやすい

クリスマスシーズンに、浮気の証拠をつかみやすい理由は次の2つです。

  1. Xmasは不倫カップルにとっても大事なイベントであるため、クリスマスの前後(12月20日~12月30日)で不倫相手と会う計画をたてる方がほとんど
  2. 年末の繁忙期と忘年会シーズンが重なることで、「仕事で遅くなる」や「会社の飲み会」という不倫相手と会う時間を作る口実が立てやすい

通常の健全なカップルであれば、クリスマスの前後にデートをしようと計画を立てるのは当然ですよね。

しかし、不健全な不倫カップルも、デートをしようと考えるのは同じです。

腹立たしいことですが、不倫とは言え、本人たちは恋人気分だからです。

そのため、普段はあなたにバレないように、できるだけ浮気相手に会う日を控えているにもかかわらず、この時期は積極的に不倫をしようとします。

また、クリスマスの時期は「仕事」や「会社の付き合い」を理由にしても、いちいち説明する必要がありません。

このことも、積極的に浮気の計画を立てられる理由の1つです。

普段であれば、急に仕事が忙しくなったり飲み会が増えたりすると、あなたに不自然に思いますよね。

一方、年末のクリスマスシーズンは、一般的にどの会社も仕事納めで忙しくなることと、忘年会があることが当たり前です。

このことから、自然な言い訳で浮気をする時間を作ることができるのです。

裏を返せば、「クリスマスシーズンに浮気調査をすることで、証拠をつかみやすい」と言えます。

1-2.証拠がつかみやすいことで調査時間が少なくすみ、浮気調査の費用が抑えられる

旦那さんが浮気をしているのであれば、先に述べた通り12月20日~12月30日の期間でしょう。

このタイミングでは、仕事や会社の付き合いを理由にして、浮気相手と会うことがほとんどです。

そのため、クリスマスシーズンの浮気調査は、不倫をする日を予測しやすくなります。

探偵の調査費用の計算方法は、ほとんどの会社が下記に当てはまります。

調査費用 1時間当たりの調査費用 × 調査時間の合計 

つまり、クリスマスの時期は効率が良い調査を行うことができ、上記の「調査時間の合計」が少なくなりやすいのです。

その結果、「調査費用」が安くなります。

クリスマス以外で特にイベントがない時期に浮気調査を行う場合、旦那さんの行動を予測したとしても、ターゲットの気まぐれで予定変更することがあるのです。

そのため、予想が外れ、証拠をつかむまでの調査時間が長くなることがあります。

一方、クリスマスシーズンなら、カップルは「この期間には絶対に会う」という気持ちが高ぶっています。

したがって、浮気をする日時の予定変更はほとんどありません。

たとえば、次の2パターンを調査費用を比較してみましょう。

  1. 特に大きなイベントがないシーズン(6月など)に浮気調査を行ったことで、旦那さんの行動予測が難しく、証拠をつかむまで1日3時間の調査が10日かかった場合
  2. クリスマスシーズンに浮気調査を行ったことで、証拠をつかむまで1日3時間の調査が3日かかった場合

一般的に、調査費用は1時間15,000円です。
※「一般社団法人東京都調査業協会」が、都内の探偵業者を対象に行ったアンケート結果です。

上記1の場合
調査費用 = 1時間当たり15,000円 × 3時間 × 10日 = 450,000円

上記2の場合
調査費用 = 1時間当たり15,000円 × 3時間 × 3日 = 135,000円

1と2の差額
450,000円 – 135,000円 = 315,000円
※この計算結果は概算であるため、諸経費(車両代や機材費用)や消費税を省略しています。
また、料金体系は各探偵事務所で変わるため、より詳しくは実際に見積りをとる必要があります。

上記の計算結果のように、「旦那さんの行動予測がつきやすいかどうか」で探偵の調査費用が大きく変わることがわかっていただけたはずです。

このことから、浮気調査の予定が立てやすく、効率よく浮気の証拠をおさえることができるのです。

なお、探偵の調査費用について、より詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてください。

実際に、私が探偵事務所に面談に行き、見積りをとった内容を書いているので、どのサイトよりも正確です。

浮気調査の費用や相場:探偵事務所に直接聞いた具体的な料金体系

2017.06.04

2.クリスマスの浮気調査を依頼するときの3つの注意点

クリスマスの時期に探偵事務所に浮気調査をする場合、以下の3点に注意しましょう。

  1. 大手の探偵事務所を選ぶこと
  2. 遅くとも1ヶ月前(11月中旬)には調査依頼を済ませること
  3. 繁忙期限定の割増料金に注意すること

以下では、この3点について詳しく解説します。

2-1.大手の探偵事務所を選ぶこと

クリスマスは、全国の探偵事務所にとって1年の中で最も忙しい時期です。

そのため、中小の探偵事務所に依頼をした場合、人手不足を理由に依頼を断られることがあります。

また、依頼を受けてもらえたとしても、満足できる調査ができない可能性が高いのです。

一方、大手の探偵事務所は、かき入れ時でも依頼に対応できるように体制を整えています。

そのため、しっかりと調査を行ってくれる探偵が多いです。

クリスマス前後に調査を依頼するのであれば、大手を選びましょう。

確実に証拠をつかみたいのであれば、「原一探偵事務所」のような大手の優秀な探偵会社に依頼することをオススメします。

社員の数が多く調査用機材の数も豊富であることから、クリスマスの繁忙期でも間違いなく証拠をつかんでくれます。

相談するだけなら無料であるため、旦那さんの浮気調査を考えているのであれば、一度相談してみましょう。

2-2.遅くとも1ヶ月前(11月中旬)には調査依頼を済ませること

先に述べたように、クリスマスの時期は探偵事務所の繁忙期です。

大手の探偵事務所でもクリスマスが近づくにつれ調査の予約が埋まってしまい、依頼を受けられなくなる可能性があります。

そのため、できるだけ早めに探偵事務所と調査の契約を結んでおいたほうが確実です。

遅くとも、11月中旬までのは探偵事務所との契約を済ませておくと、「調査をするための人員を確保できない」などのトラブルはありません。

この場合、「浮気調査をしたい日」がはっきりと決まっていなくても大丈夫です。

「クリスマスのあたりで旦那の調査をしたい」と話しておくことで、後日に調査日が決まったとしても対応が可能です。

ただ、調査日が決まるタイミングがあまりにも遅いと、探偵事務所としても日程をたてづらくなります。

そのため、探偵事務所との信頼関係を崩さないように、担当の相談員さんとしっかりと話し合って調査日を早めに決めることをオススメします。

もし、クリスマス間近になって旦那さんの浮気が発覚した場合、急いで大手の探偵事務所に相談しましょう。

2-3.繁忙期限定の割増料金に注意すること

繁忙期は調査費用が割増になるという料金体系にもかかわらず、「見積り時は繁忙期ではなかった」という理由で、割増料金についての説明を省く業者がいます。

この場合、見積り時にはなかった料金が請求されるため、金銭トラブルの原因になります。

そのため、見積りに割増料金の説明がなければ、「クリスマスなどの繁忙期は割増料金になりますか?」と確認しておきましょう。

もし、上記の質問に対する答えが次のパターンのどちらかに当てはまる場合、悪徳業者である可能性が高いと言えます。

  1. 見積りに割増の説明がないにもかかわらず、「クリスマスの時期は割増の設定です」と答えた場合
  2. 「割増はありません」と言いつつ、契約書に割増料金についての記載があった場合

これらに当てはまる探偵事務所に浮気調査を依頼してしまうと、調査が終わったあとの料金精算のときに後悔することになってしまいます。

場合によっては、見積りの2倍以上の金額を請求させることがあるのです。

そのため、「怪しい」と感じたら、絶対に契約書にサインをする前に断りましょう。

信用できない探偵事務所を見分ける方法については、次の記事を参考にしていただけると幸いです。

信用できない探偵を見分ける6つの注意点と誤解しやすい2つの売り

2017.09.30

まとめ

世間では、カップルが幸せそうにデートをしている様子を思い浮かべると、せっかくのクリスマスに旦那さんの浮気の事実を知ることは、とてもつらくて目をそむけたくなりますよね。

私も、旦那の浮気を疑いながらクリスマスを迎えたことがあり、本当に涙をこらえて過ごしました……。

ただ、旦那さんが浮気をしているのであれば、クリスマスという一大イベントは、浮気の証拠を押さえるチャンスであることは間違いありません。

そのため、歯を食いしばってでも、行動に移す必要があります。

なぜなら、「クリスマスだからそんなこと考えたくない」と言って浮気の証拠をおさえるチャンスを逃すと、いつになるかわからない次の機会まで旦那さんへの不信感を持ちながら過ごすことになるからです。

その結果、Xmasに旦那さんの浮気を目の当たりにする以上に、自分自身にストレスを与えてしまいます。

浮気調査というのは、知りたくないことを明らかするためマイナスのイメージを持つ方が多いです。

しかし、証拠を手に入れることで、旦那さんを反省させることも離婚することもできます。

そのため、ガマンする毎日を終わらせて、幸せな未来に向かうきっかけにすることができるのです。

幸せな生活を手に入れるために、最初の一歩を踏み出すことが大切だと考えましょう。