夫の浮気が心配!不安解消法、浮気防止法5つと4つのタブー

過去に彼氏に浮気をされて傷つけられた経験がある人は多いです。この場合、浮気の証拠や不審なところがなくても、夫が浮気をしていないか不安になってしまいます。

そうなると、「どうにかして不安をなくしたい!」と考えるはずです。

しかしながら、そのために行動するのは、一度冷静に考え直してみても遅くありません。あなたの不安を解消するために、夫の気持ちをないがしろににした瞬間に、浮気の事実はなくても夫婦関係は悪化してしまうからです。

そして、結果的に浮気の原因を作ることになり得るのです。

本記事では、あなたが安心して生活を送ることができるように、「不安の解消法」や「浮気防止法」を紹介させていただきます。また、夫婦関係が悪化する可能性がある「タブー」もあわせて紹介させていただきますので、参考にしていただければと思います。

夫の浮気の不安解消法5つ

夫の浮気を防止するにしても、不安が残っていたら、落ち着いて取り組むことができません。そのため、最初はあなたの不安を取り除くことから始めましょう。

ここでは、「夫の浮気の不安解消法」を5つ紹介させていただきます。

一度浮気をされると、疑いたくないのに、その後の相手を疑ってしまいます。その気持ちはよくわかります。だからといって、怪しんでばかりいては、良い結果は生まれません。

これから紹介させていただくことは、不安を抱えたあなたの役に立つもため、しっかりと実践をしていきましょう。

客観的に自分自身を見つめる

夫が浮気をしている確証がない状態で、「浮気されているかも」と考えだしたら、ますます不安になり負の連鎖に陥ってしまいます。

これでは、精神衛生上良くないため、必要以上に疑うことはやめましょう。少しでも「浮気しているかも」と頭によぎったら、客観的に考えてみることをおすすめします。

たとえば、あなたの友人が「夫に不審なところもないし、証拠はないけど、浮気されている気がして不安なんだ」と相談してきたとします。

このとき、あなたは「不審なところがないのに疑うのは、考えすぎだよ。そんなに疑っていたら、態度に出て仲が悪くなるかもよ」というように冷静にアドバイスするでしょう。

このように、客観的に考えることで、自分自身が考えすぎであることが自覚できます。また、冷静さも取り戻すことができるため、夫との関係もギクシャクせずに、今まで通り接することができるようになります。

カウンセラーに相談する

夫が浮気しているという疑いが、どうしても頭から離れない場合は、誰かに相談してスッキリしたいと思うこともあります。そういったときには、プロのカウンセラーに相談することをおすすめします。

このとき、友人に相談をしてはいけません。友達に相談してしまうと、憶測でアドバイスをする可能性があり、悪い方向へ進んでしまうことがあるからです。

たとえば、友人が「そんなに不安ならはっきりさせたほうがいいよ」と言ったとします。このとき、その言葉をあなたが真に受けてしまって、夫の携帯をチェックするなどの浮気調査をしてしまうかもしれません。

その結果、何事もなければ良いのですが、調べていたことが夫にバレてしまうと、お互いの信頼関係に傷ができてしまいます。最悪の場合、その後の関係が悪くなる恐れがあります。

その点、「夫婦カウンセラー」などの資格を持ったプロのカウンセラーであれば、あなたの状況や、今までの事例を踏まえて客観的なアドバイスがもらえます。

あなたが不安を取り除いて良い方向に進んでいきたいと思っているのであれば、友人よりもカウンセラーに優先的に相談をしましょう。

夫との楽しい将来を話す

あなたが夫の浮気を疑ってしまう原因の1つには、「将来的にも安心して夫との生活を築いていきたいと望んでいる」ということもあります。

そこで、夫婦で将来の夢や目標、計画などを話し合う機会を作ると良いです。これによって、明るい未来をイメージすることができ、将来に対する不安も払拭することができます。

ただし、夢や目標、計画と言っても、難しい人生設計をする必要はありません。

ここで大事なのは、「ワクワクするような将来をイメージして、あなたの不安を解消する」ことです。

たとえば、「夏には家族でハワイ旅行をする」、「5年後にはマイホームを建てる」などの簡単な内容でも、あなたの不安が少なくなれば良いのです。

夫に直接話して理解してもらう

不安が大きい場合、夫の浮気を考えすぎないようにしても、誰かに相談しても不安が晴れないこともあります。モヤモヤした気持ちが続くようでしたら、夫に直接気持ちを伝えて理解してもらうことも必要です。

あなたばかりが不安を抱えて、ご飯も喉を通らなくなっているのでしたら、そのことは夫に伝えるべきです。なぜなら夫婦関係は、2人で築いていくものだからです。ただ、証拠がない状況で話をするため、冷静さを失ってはいけません。感情的に夫を責めてしまった場合、相手もケンカ腰になり、悪い結果になってしまうからです

このような事態に陥らないため、落ち着いて話すようにしてください。なお、話を聞いてもらう際は夫の罪悪感を刺激させることが効果的です。

ほとんどの夫が「夫婦関係を壊してでも浮気をしよう」とは思っていません。たとえば、「最近、仕事で遅くなることが多いみたいで心配」というように話すイメージです。もし、夫が本当に浮気をしていた場合、罪悪感が残り、反省します。

さらに、「○○くんは、モテるから心配」といったように、さりげなく夫を褒めながら心配していること伝えると、より効果があります。夫は、「妻に認めてもらえた」という気持ちも感じ、「せっかく妻が褒めてくれたのに、不安にさせてはいけない」と思うのです。

真実を確かめる

「どうしても白黒はっきりさせないと、不安がなくならない」という場合には、浮気調査をして、真実を確かめるという方法もあります。

しかし、「夫が浮気をしている」という証拠が出てくる覚悟をしなければいけません。

あなた自身で浮気調査をする場合の最大のデメリットは、「調査していることが夫にバレやすい」ということです。

証拠をつかんだあとでバレるのであれば、あなたが優位に立てます。

しかし、証拠をつかんでいない状態でバレてしまうと、夫が浮気していない場合は信頼関係が崩れてしまう可能性が高いです。また、たとえ夫が浮気をしていたとしても、証拠となるものを処分され、その後の調査が難しくなってしまいます。

そんなときは、プロの探偵に調査を依頼することも一つの手です。

ただ、本当に「真実を確かめる」べきかは、冷静になってしっかりと考えてから判断しましょう。

5つの浮気の防止法

あなたは自分が望んで、「夫が浮気していないか」という不安を抱えているわけではないはずです。それならば、ここから紹介する「5つの浮気の防止法」を参考にして、不安になる必要がなくなるように実践してみましょう。

夫婦間で不安がなくなるということは、「お互いが信頼し合っている」という理想的な関係であると言えます。

夫婦間の信頼を強くしていくために、積極的に行動していきましょう。

相手を信頼する

夫を信頼して自由を増やしてあげることで、浮気防止につながります。

なぜなら、「人間は信頼されると、それに応えようする」からです。これは、心理学的にも認められています。また、夫婦関係は「信頼」で成り立っているものである以上、「信頼」はなくてはならないのです。

しかし、「浮気を防止するのだから、自由に行動させないほうがいいのでは?」とお考えになるかと思います。自由を奪った場合、夫が感じるのは「信頼」ではなく、「ストレス」です。

束縛されてストレスを感じた夫は、たとえば、「会社の付き合い」や「友人との飲み会」といった理由を付けて、抜け出そうとします。

本当に、会社関係や友人と会っているのなら構いません。

しかし、この場合、夫はあなたに対して不満を感じているので、癒しを求めて別の女性と関係を作っている可能性が高くなります。

このことから、浮気の心配をして束縛するよりも、信頼をして自由にしてあげた方が浮気防止なるのです。

ただし、「信頼するべき」といっても、手放しで自由を与えてはいけません。ここで大切なのは、「夫に、あなたから信頼されているという意識を持たせる」ことなのです。

一番効果的なのは、夫に直接、「信頼している」と言うことです。しかし、何度も繰り替えし強調してはいけません。なぜなら、夫はあなたの信頼を重く感じ、束縛と同じストレスになってしまうからです。

幸せな気持ちを伝える

夫は、あなたといるときに幸せを感じていれば、浮気をしなくなります。

これは当然の話ですが、夫婦生活が長くなればなるほど2人が一緒にいることが当たり前になります。すると、幸せであることを意識することが難しくなります。そのため、積極的に夫に幸せを感じさせる必要があります。

夫に幸せを感じてもらうには、まずはあなたが幸せであることを、夫に表現しましょう。といっても、難しいことをするわけではありません。

あなたが夫に何かをしてもらったときなどに、直接言葉にして幸せを伝えるだけです。

たとえば、誕生日プレゼントをもらった際や、デートで楽しい思い出ができたときなどです。些細なことでもいいので、「幸せ」であることを伝えてください。

言葉は繰り返し耳に入ることで、無意識に感情を変化させる力があります。つまり、あなたの幸せや楽しい気持ちが夫に伝わると、夫もどんどん幸せな気持ちになっていくのです。

言葉の力を活用して、夫婦で幸せになれば浮気の心配もなくなります。

反対に、夫に愚痴や文句ばかり言っていると、あなたの気持ちは晴れます。その代償として、夫の気持ちはあなたから離れていき、浮気の原因となってしまいますので注意してください。

外見を磨き「女性としての魅力」を身に付ける

浮気をする男性は、あなた以上に「女性としての魅力」のある人を求めています。そのため、あなたが「女性としての魅力」を手に入れれば、夫は浮気をしなくなります。

おそらく、子供が生まれてから、「自分の時間がない」と言って、化粧もせずに生活したり、服装も毎日、シャツにジーンズの組み合わせだったりしているのではないでしょうか。さらに、体型も以前とはずいぶんと変わってしまっているのでしょう。

これでは、夫はあなたに対して、「女性としての魅力」を感じることは出来ません。

それでは具体的にどうすればいいのかと言うと、以下の5つの実践をおすすめします。
・服装は楽なものではなく、男性目線で選ぶ(ミニスカート、ピップラインのわかるパンツなど)
・ボディーメイキングをする(ただ痩せるだけではなく、女性的なラインを作る)
・胸を張って、背筋を伸ばして歩く
・髪型セットや化粧を怠らない
・食生活を改善し、内側から綺麗になる

「子育てに追われて時間がない」と思うようであれば、時間を作る工夫をしましょう。

たとえば、ボディーメイキングであれば、買い物に行く際の歩き方を正しくするだけで、筋肉に負荷がかかり消費カロリーも増えます。さらには、「胸を張って、背筋を伸ばして歩く」ことも同時に身に付きます。

こういった工夫をすれば、時間がなくても少しずつ「女性としての魅力」が身に付いていきます。

夫に感謝する

生活の基盤となるお金を稼いでくれている、夫に感謝することも大事です。

夫婦生活は、お互いが支え合っていかなければなりません。しかし、夫が稼いでくることが当たり前だと思ってしまうと、その感情が夫に伝わり、気持ちがあなたから逃げていきます。その結果、夫が浮気をする可能性が高くなります。

あなたが子育てに追われている場合、「私だって必死で子育てをしているんだから感謝されて当たり前だ」と思うこともあるでしょう。

ただ、あなたも敬ってほしいなら、まずはあなたが夫に感謝を伝えましょう。なぜなら、あなたが先に気持ちを伝えることで、夫は感謝することの重要性を思い出し、「自分も妻を大切にしなければ」と感じるからです。

そしてお互いが感謝し合うという、良い環境が生まれます。

夫も毎日仕事をしているときに、あなたが子育てを頑張ってやっていることはわかっています。ただ、お互いにそれが当たり前だと思っているため、感謝の気持ちを忘れて、夫婦の心が離れやすくなるのです。

夫婦関係をより良いものにして浮気を防止するため、さっそく、あなたから夫へ感謝の気持ちを伝えましょう。

セックスの研究をする

性生活に満足している夫は、浮気をしない傾向にあります。

なぜなら、「性的欲求を、満たしてくれる女性との関係を失いたくない」という心理が働くからです。そのため、あなたが夫の性生活を満足させれば、浮気防止につながります。

しかしながら、夫婦生活に限らず男女関係の期間が長くなると、必ずマンネリ化してきます。

たとえば、いつも同じパターンでセックスをしていたり、セックスをすることが目的になり、愛し合うことを忘れていたりと、刺激に欠けてしまいます。

そこで、以下のようなマンネリ解消法があります。

・あなたが主導権を握ってみる
・場所を変える(ラブホテル、旅行先、外など)
・色々な体位を試してみる
・アダルトグッズを使ってみる
・男性の身体を研究する(感じるツボなど)

恥ずかしいと思いますが、夫婦であるため、正直に夫に伝えて協力してもらうと良いです。ほとんどの男性は性への探求心が大きいため、喜んで協力するはずです。

セックスは、お互いの愛を感じ合うものです。性的欲求が満たされるだけでなく、夫婦関係も良好なものになるため、積極的に2人で研究していきましょう。

夫の浮気を助長する4つのタブー

ここからは、夫の浮気の原因となる、「やってはいけないこと」を4つ紹介します。

あなたが、夫の浮気を防止しようと必死になってやったことが、裏目に出てしまうこともあります。これでは、本末転倒です。そういった場合には、夫に必要以上のストレスを与えてしまっていることが原因として挙げられます。

ぜひ、以下の解説を参考にして、あなたの努力が無駄にならないようにして頂ければと思います。

なお、すでに前述させていただいた内容も含まれますが、大事なことですので再度記載させていただきます。

束縛する

多くの男性は、自分の自由を奪われることを嫌がります。そのため、浮気しないように束縛をするのではなく、夫を信頼してあげましょう。

たしかに、夫があなたのために自発的に時間を使うのは良いのです。ただし、あなたが夫に強要した時点で、相手は「自由を奪われた」と認識します。

そうすると、夫は「あなたから逃げたい」という気持ちが大きくなり、外出する理由を付けて自由を得ようとします。束縛されて、あなたに対し不満を感じていた夫は、自由にさせてくれる女性を求めて、浮気をしようとするのです。

こうならないためにも、夫を束縛するのではなく、信頼してあげることが大切です。

問い詰める

問い詰めることは、夫婦の関係を悪化させ、それ以上の結果をもたらすことはありません。

なぜなら、「問い詰める」ということは拷問に近く、夫は非常にストレスを感じるからです。実際に、浮気をしているかどうかは関係なく、夫が逆ギレし、ケンカになって収集が付かなくなる事例が多く見られます。

問い詰めているとき、あなたは興奮しすぎていて、夫がどんな理由を述べても納得することができないでしょう。そうなると、夫は理由をしっかりと言っているのに頭ごなしに否定され続けることに嫌気がさします。

これでは、話し合いにもならず、何も解決の方向へ進まないことは明白です。

もし、夫に直接浮気をしているか確認する場合は、一度深呼吸し、落ち着いてから冷静に問いかけましょう。

安易に友人に相談する

安易に友人に相談することも、やめましょう。前述の通り、友人は憶測でアドバイスをする傾向があり、それを真に受けてしまうと、夫婦関係が悪化するおそれがあります。

夫婦間の浮気問題というのは、夫婦によって状況も違いますし、非常にデリケートな問題です。そのため、素人では的確なアドバイスが難しいのです。

相談するなら、プロのカウンセラーにしましょう。

あなた自身で浮気の真相を確かめる

「夫の浮気の不安解消法5つ」の中で、「真実を確かめる」と紹介させていただきました。

しかし、正直なところおすすめはできません。

なぜなら、調査をしたという事実が夫にバレると、あなたは一生信用してもらえなくなる可能性があるからです。浮気調査をするということは、夫のプライバシーの領域に潜り込む行為です。たとえ夫婦であったとしても、「気持ち悪さ」や「常に見張られているかも」という不信感を持たれてしまいます。

これから夫婦で幸せに生活をしていきたいのなら、共通の友人に「浮気されていないか心配なんだよね…」と、ちょっとしたカマかけ程度にしておきましょう。

まとめ

このページでは、浮気されているか不安なあなたのために、不安解消法と浮気防止方法、やってはいけないことを紹介させていただきました。

ここで一番重要なことは、「浮気は見つけることを優先するのではなく、防ぐことを第一に考えるべき」ということです。

適切な方法で浮気を防止できれば、それは夫婦間の信頼関係が強くことと同じです。これができるようになれば、年々とあなたの感じる幸せや安心感は大きくなっていきます。

ぜひ、参考にしていただけたらと思います。