浮気の兆候?夫の疑惑の行動から見破る9つの変化と2つの注意点

夫婦生活を長く続けていると、「最近、夫の行動が怪しい。もしかしたら、浮気かも」とあなたは感じたことがあると思います。

たとえば、以下のようなケースです。

  • 最近、夫の休日出勤がやけに増えた
  • あなたの目を気にして、携帯電話をいじっている
  • 服装に無頓着だったのに、急におしゃれにこだわるようになった

もし、普段と違う部分を感じるのであれば、旦那さんが浮気をしているかもしれません。

長年、夫と一緒に生活をしているため、普段と違う旦那さんの行動はどうしても目に付きます。さらに、あなたは夫が本当に浮気をしているのか、確認をしたくなるでしょう。

その場合、まずは、主に夫の観察だけでできる、行動チェックを行うことをおすすめします。

急に本格的な浮気調査をした場合、夫にバレるリスクが非常に高くなります。

なぜなら、浮気調査をするということは、夫のプライベートまで脚を踏み込む行為であるため、旦那さんもあなたの変化に敏感になって、不審な点があると警戒するからです。

万が一、夫にあなたが浮気調査をしていることがバレた場合、旦那さんからの信用をなくしてしまいます。その結果、夫婦関係が破綻する可能性が生じるのです。

さらに、夫が浮気をしていた場合、バレることを恐れて証拠を処分するため、今後の浮気調査が難しくなってしまいます。このような事態に陥らないためにも、まずは夫の行動をチェックして、「リスクを負ってまで浮気調査をするべきか」を判断することが望ましいです。

ぜひ、本記事で紹介する、「夫の疑惑の行動チェック項目9つ」と「2つの注意点」を参考にしてください。

1.夫の疑惑を見破る9つの行動変化

まず、一般的に浮気の疑惑があると考えられる、「夫の行動チェック項目9つ」を紹介します。

以下で挙げる具体例と複数の一致が見られたら、浮気の可能性が非常に高いと言えるでしょう。

このとき、警戒されないように自然を装って、夫を注意深く観察することが大切です。冒頭で述べた通り、夫にバレた瞬間にあなたへの信頼がなくなったり、浮気の証拠を処分されたりする可能性があるからです。

あくまでも、平然を装うことを忘れないように意識してください。

それでは、順を追って解説していきます。

1-1.携帯・スマホの扱い方が変わった

浮気相手と連絡を取る方法は、当然、携帯電話になります。

そのため、浮気していた場合、「証拠が残っている携帯を、あなたに見られたくない」という気持ちが行動に表れるのです。

携帯電話に関係する夫の行動の変化としては、具体的に以下の5つがあります。

  1. 携帯電話を常に持ち歩く
  2. 携帯電話にロックをかけ始める
  3. あなたから隠れて携帯電話を使うようになった
  4. 子供に夫の携帯電話を触らせない
  5. 携帯電話をしきりに確認する

男性は基本的に、女性よりも携帯電話に対しての執着がありません。普段は、「帰宅したら、携帯電話を置きっぱなし」という男性は大勢います。

しかし、浮気を始めると、携帯電話やスマートフォンは、絶対に見られてはいけない情報があるため、無意識に守ろうとするのです。

上記のような行動が見られた場合、浮気に限らず、あなたに知られたくないことがあると考えて良いでしょう。

1-2.急にあなたに対する態度が変わった

浮気をしている夫は、急に態度が変わることがあります。下記の9つのような変化が見られないか、チェックしてみましょう。

  1. 掃除、ゴミ捨てなどの家事を手伝うようになった
  2. 積極的に買い物に行くようになった
  3. 会話やボディータッチなどのコミュニケーションが増えた
  4. あなたのことを褒めるようになった
  5. 突然お土産を買ってくるようになった
  6. 記念日でもないのにプレゼントを買ってくるようになった
  7. 家族サービスをすることが多くなった
  8. 夫婦間の会話が減った
  9. あなたの目を見て話をしなくなった

上記のように、単に「夫の変化」と言っても、急に優しくなるタイプと、冷たくなるタイプがあります。どちらも「浮気をしている」という、あなたへの罪悪感の裏返しです。

優しくなるタイプの夫の場合は、あなたのご機嫌を取ろうとして、無意識のうちに普段よりもスキンシップを取ろうとします。

一方、急に冷たくなる夫は、あなたと顔を合わせづらく、よそよそしい態度になってしまうのです。

このような傾向が見られた場合、例として挙げた項目以外にも、多くの挙動不審な点が見られるはずです。また、夫の態度の変化は観察するだけで、簡単に気付くことができます。

浮気の兆候を見逃さないように、注意深く見てみましょう。

1-3.セックスの回数が減った

夫が浮気をしている場合、浮気相手とのセックスで満足して、あなたとの性生活が減ることがあります。

ただ、もともと月に1、2回程度のように、夜の営みが少ない夫婦は、この変化はあまり参考にならないでしょう。

しかし、週に何回もしていた場合や、夫から求めることが多かった場合は、ほかにセックスの相手がいることがほとんどです。

男性の浮気をする理由の大半は、「性欲を満たすため」です。そのため、あなたとのセックスが減ることは、当然とも言えます。

以上のことから、突然セックスの回数が減ったら、夫の浮気を疑ってもよいでしょう。

とはいえ、浮気を疑うだけでなく、あなた自身が夫とのセックスを見直すことも大切です。愛を確かめ合う行為がマンネリ化して、毎日の流れで行っている儀式のようになっている場合、夫の性欲が満たされないのは仕方がありません。

夫の浮気調査と並行して、夫婦生活も見直していきましょう。

1-4.身だしなみに気を遣うようになった

夫が、「急に外見に気を遣い始めた」ということは、「格好良く見られたい」と思う相手ができたという可能性が高いです。

夫が見た目を良くしようとする行動は、具体的に下記の8つがあります。

  1. あなたに任せていた衣類の買い物を、夫が積極的に決めるようになった
  2. 髪型をセットするために、ワックスを使い始めた
  3. 下着はトランクスであったのに、ボクサーパンツに変えた ※要注意
  4. 筋トレやダイエットを始めた
  5. 毎日ひげを剃るようになった
  6. 眉毛を処理するようになった
  7. 流行に詳しくなった
  8. メガネをコンタクトに変えた

あなたも、恋愛をしていたころ、彼氏や気になる人と会うときは、お気に入りの服を選んでいたはずです。さらに、髪型もしっかりとセットしたり、香水をつけたりしていたと思います。

もちろん男性も同じように、気になる女性の前では、身だしなみに気を遣うものです。そのため、夫が浮気をしている場合、おしゃれになることは十分にあり得ます。

特に上記の3番は、浮気との関連性が強いため、注意しましょう。

下着は性生活を楽しむための、1つの要素だからです。

トランクスよりも格好の良いボクサーパンツを選んだほうが、セックスの雰囲気が盛り上がりやすくなります。

この理由から、あなたとの営みの回数が増えていない場合、「浮気相手とセックスしている」と、関連付けることができます。

ただし、この兆候で「絶対に浮気をしている!」と決めつけてはいけません。単におしゃれを楽しんでいることや、健康を気にしてダイエットをしている可能性があるからです。

本項で紹介した浮気のサインは参考程度としてとらえ、別の項目で紹介する「怪しい行動」と合わせて判断することをおすすめします。

1-5.帰宅後、すぐにお風呂に入るようになった

「汗を流すため」や、「身体を温めるため」という理由を付けて、香水やホテルで使った石鹸の匂いを消している可能性があります。夫が上記の行動と取るようになったら、脱いだ衣類の匂いを嗅いでみる良いでしょう。

香水の匂いは衣類に付きやすいため、浮気をしているかどうかの判断材料になります。

1-6.急に仕事が増えた

浮気相手と会う時間を作るために、仕事を理由することは、よく使われる手段です。

仕事を理由にした場合の言い訳は、下記の2パターンが使われやすいです。

  1. 残業や泊りがけの出張、休日出勤が増えた
  2. 急な打合せが入った

上記の理由に加えて、夫の様子が楽しそうな雰囲気を出していたら、かなりの確率で浮気を疑うべきでしょう。

たいていの人は、仕事が忙しくなると出社したくないものです。そのため、うきうきした様子が感じ取れるのは、明らかに何かを隠しています。

また、この場合は夫の給与明細を見せてもらえば、本当に仕事をしていたかどうかすぐにわかるはずです。

浮気相手と会っていた場合は、実際には仕事をしていません。そのため給与明細の「時間外勤務時間」や「休日出勤日数」が、あなたに話していたよりも間違いなく少なくなっています。そのうえ、給料がいつもと変わっていません。

この理由を夫に聞いてみると、おそらく「サービス残業だったんだ」と言うはずです。

しかし、騙されてはいけません。社員にサービス残業をさせる会社は、それが常態化しています。

また、サービス残業は違法行為のため、以前から残業代や出張手当をしっかりと支給していた会社が、突然サービス残業を始めることは考えづらいのです。

つまり、突然サービス残業が多くなることは、ほぼあり得ません。

以上の理由から、夫が会社員の場合、仕事を理由に時間を作る行為は、非常に見抜きやすい浮気の兆候になります。

ただし、自営業や経営者の場合は、手当が支給されないことがあるため、この夫の行動だけでは、見極めることは難しくなります。そのため、そのほかの項目も合わせて、夫が浮気をしているか判断しましょう。

1-7.急に職場の飲み会が多くなった

夫が浮気相手と会う時間を作るために、もっとも多く使われる口実になります。

「職場の飲み会」と話せば、あなたは「それで夫の仕事が円滑に進むなら、仕方ないか」と思って、ほとんどの場合、了承するはずです。

当然、夫は、あなたが上記のように思うことがわかっていて、この理由を確信犯的に使います。

ただ、この嘘を見抜くのは少々難しいかもしれません。

本当に会社の飲み会かもしれませんし、事実関係をいちいち夫の会社に確認するわけにもいかないからです。また、飲み会中に夫の様子を確認しようと、電話やメールをしても気付かない可能性が高いため、確認が難しいのです。

もし、急に職場の飲み会が多くなったら、夫の帰宅後に、衣類の匂いを嗅いでみると本当に飲み会だったかの1つの指標になるでしょう。

ただし、最近は完全個室の居酒屋があります。そのため、居酒屋の独特の匂いがしなくても、本当に、職場の人とお酒を飲んでいた可能性があるのです。

それとは逆に、夫の衣類から居酒屋の匂いがしても、お酒の後に浮気相手とホテルに行ったことも考えられます。

いずれにしてもこの夫の口実は、確認の回数を重ねて、怪しいかどうか判断することをおすすめします。

1-8.お金づかいに変化があった

浮気相手とデートするには、お金が必要です。

そのため、夫がお小遣いの値上げを要求したり、妙にお小遣いを使うことをケチるようになったりします。

また、少数ですが、お金を用意するために、消費者金融で借金をする夫もいるのです。その場合は、夫の財布の中に、消費者金融のカードが入っている可能性があるため、探してみるのも一つの手です。

1-9.所持品から避妊具が出てきた

普段、あなたとは使わない避妊具を所持していたら、高確率で浮気をしていると判断できます。

避妊具は、財布の中に入れていることが多いため、夫が入浴中に財布の中身を探ってみましょう。

注意
避妊具を持っていても、使ったとは言い切れません。「浮気をしている線が濃厚だ」という程度に、留めておきましょう。

2.夫の行動チェックをする際の2つの注意点

ここからは、夫の行動チェックをする際に、必ず気を付けるべき2つの注意点を紹介していきます。

夫を観察していると、「怪しい」と感じる行動が、いくつも見つかるはずです。その際に、あなたの中で「夫は私を裏切って、浮気をしているに違いない!」という気持ちが大きくなり、感情的な行動を取ってしまうことがあります。

しかしながら、感情的な行動は、あなたにとって不利となるばかりか、夫とのケンカに発展して、最悪の結果につながってしまうのです。

そのような事態は、あなたが常に冷静でいることで回避ができます。

夫に不審感を持っても冷静でいるためには、ここで紹介する2つの注意点が役に立つはずですので、ぜひ参考にしてください。

2-1.夫の行動がどれだけ怪しくても「証拠」にはならない

最初に、「夫が不審な行動をしていたとしても、証拠にはならない」ということを理解する必要があります。

証拠とは、「客観的に見ても事実を証明できるもの」です。つまり、この場合は、「浮気相手とホテルを出入りした写真」や、「肉体関係があったことがわかるメールの文面」といったものでなければいけません。

もし、夫の行動が、「疑いのある行動チェック項目」で紹介している内容すべてに当てはまっていたとしても、それは証拠とは言えないということです。

そのため、夫の行動チェックは、「証拠を押さえるために浮気調査をするべきか」を考えるための参考程度に考えておきましょう。

2-2.夫の浮気が確実な場合に「あなたがどうしたいのか」を決めておく

最終的に、「浮気も疑いがある場合に証拠を押さえて、夫に反省してもらうのか、もしくは離婚するのか」といった方針を決めておくことをおすすめします。

夫の行動をチェックするということは、浮気の疑いが強くなる可能性が非常に高くなるということです。

このとき、「最終的にどうしたいのか」が明確になっている場合は、不信感からくるイラ立ちがあっても、先を見据えて「冷静でいなければ」という自制心が働きます。

それとは反対に、どうするか決まっていない場合は、怒りの感情に流されてしまい、夫を問い詰めるといった行動を起こしてしまうのです。

しかし、前述した通り、「行動が怪しい」だけでは証拠とはなりません。

そのため、どれだけ夫に怒りをぶつけたところで、「そんなことは言いがかりだ!」とケンカに発展してしまいます。また、一度夫に向けられた怒りは、簡単には収まらず、不毛な言い争いが続く可能性が、非常に高くなります。

さらに、あなたに疑われていることが伝わってしまったため、夫が本当に浮気をしていた場は、警戒心を強くし、浮気がバレないように上手に隠す手段を考えるのです。

その結果、今後の浮気調査が困難になり、浮気の証拠得ることが難しくなります。また、夫婦喧嘩が続き、離婚まで話が発展することが考えられます。

このような最悪の結果を避けるためには、常に冷静でいる必要があるのです。

そのためにも、「あなたがどうしたいのか」を決めておくことが重要となります。

夫の浮気許せる?関係修復のための許す方法7つと1つのコツ

2017.04.22

夫の浮気が発覚!夫婦関係修復の11ステップと禁止事項6つ

2017.04.13

まとめ

本記事では、特によく見られ、浮気の可能性が高い旦那の変化を、「夫の疑惑の行動」として紹介しました。

しかし、夫が浮気をしている場合、「あなたの目が届く範囲で、絶対にする行動」というものはありません。

また、夫の性格によって、隠し事をしている際の行動の変化は様々です。

そのため、上記以外の夫の行動を、注意深く観察して、いくつかの怪しいと思う兆候を見定める必要があります。

ただし、先にも述べたように、浮気の確信があっても「証拠」がない状態で、夫を問い詰めることをしてはいけません。あなたが不利な状況にならないように、「常に冷静でいるように心がける」ことを意識しましょう。