ライン(line)やメールは浮気の証拠ではない理由と履歴の利用方法

決定的な証拠を掴む唯一の方法を見る

 

「最近、夫が妙にそわそわしている」

「休日出勤が増えたけど、なぜか楽しそう」

「スマホをトイレまで持って行くようになったし、画面を隠そうとしている……」

このように、旦那さんの行動に不自然な変化を感じると、「もしかして、浮気をしているのかも」と考えてしまいますよね。

私の夫も浮気をしていたときは、なぜか楽しそうにしていたり、スマホを肌身離さず持ち続けるようになったりしました。

そのため、すぐに「ピーン」ときました。

そして、「浮気をしていたら許せない!」という気持ちから、どうにかして「夫が本当に浮気をしているのか」を確かめたくなってしまいます。

浮気のチェックは、メールやスマホアプリの「Line」を最初に思いつく方が多いです。

旦那さんが女性とやり取りしている内容を見れば、「浮気している証拠」だと思いますよね。

しかし、ラインやメールなどの文章では、「決定的な浮気の証拠」になりません。

ラインやメールで浮気チェックをした結果では、実際の夫の行動はわからないため、「夫が浮気をしているかどうか」を決めつけることはできないからです。

もしかしたら、女性と親密な会話をしていたとしても、実は相手と会ったことがないかもしれません。

このページでは「Lineやメールは決定的な証拠ではない2つの理由」を、詳しく紹介させていただきます。

また、「履歴は証拠にならない」とは言っても、まったくのムダではありません。

使い方によっては、証拠として認められたり、証拠を効率的につかむための有用な情報になったりします。

そのため、「メールやラインの履歴を有効に利用する3つの方法」を、あわせて解説させていただきます。

これを参考にしていただければ、浮気チェックで見つけた履歴だけで旦那を問い詰めるなどの強引な行動に使わず、あなたが有利な立場になれるように証拠を扱うことができるはずです。

1.ラインやメールは「決定的な証拠」ではない2つの理由

冒頭で述べた通り、Lineやメールなどの文章のやり取りだけでは、「決定的な証拠」とは言えません。

なぜなら、次の2つの理由があるからです。

  1. 浮気を連想できる情報があったとしても、「言い逃れができない、決定的な浮気の証拠」にならない
  2. 浮気を疑う内容がなくても「浮気していない」とは言い切れない

このことから、メッセージの履歴だけでは、はっきりとしたことは何も言えません。

そのため、ラインやメールなどの連絡ツールをチェックした結果は、「証拠」として考えるのではなく、「浮気をしている可能性を判断するための情報や状況証拠」として考えることをオススメします。

あなたにこれを知ってもらうため、この項では上記の2点について詳しく解説していきます。

1-1.浮気を連想できる情報があったとしても、「言い逃れができない、決定的な浮気の証拠」にならない

「言い逃れができない、決定的な浮気の証拠」とは、「不貞行為(既婚者が配偶者以外の異性と性的関係を持つこと)」を証明するものです。

たとえば、「旦那さんと浮気相手がラブホテルに出入りしている写真や映像」や、「旦那さんが『不貞行為 』を認めたことを記した証文」です。

これらは、言い訳のしようがないですよね。

一方、Lineやメールなどで、女性と肉体関係を持っているやり取りがあったとしても、「決定的な証拠」にはなりません。

「本当に性的関係を持ったのか」を、確認できないからです。

そのため、「文章のやり取りだけで、実際は関係を持っていない」などと言い訳をされると、「あなたが疑っているだけで、旦那さんは不貞行為していない」ということと同じなのです。

素直に認めてくれれば良いのですが、多くの旦那さんは「自分が不利になりたくない」と考え、認めないパターンが多いです。

この場合、問いただしても言い合いになるだけです。

さらに、あなたが勝手に旦那さんのスマホをチェックしたことがバレるため、今後は見つからないように対策をされてしまいます。

これを覆すには、上記のような「不貞の証拠」をつかむしかないのです。

以上のことから、ラインやメールから得た情報は「浮気をしている可能性を吟味して、不貞の証拠をつかみに行くかどうかの判断をする材料」として考えることをオススメします。

なお、旦那さんと話し合いをするときに有利な立場になるため、次に紹介する「証拠」についての記事を読んでおくと良いでしょう。

旦那の浮気や不倫で慰謝料請求が認められる証拠の種類と取得方法

2017.07.02

1-2.浮気を想像できる内容がなくても「浮気していない」とは言い切れない

「1.浮気を連想できる情報があった場合」とは逆に、まったく怪しいところが見当たらなかったとしても、「浮気をしていない」とは言い切れません。

なぜなら、次のような可能性があるからです。

  • あなたといるときは、浮気相手を「ブロック」や「着信拒否」をした後に削除しており、あなたがいないところでは連絡ができる状態に戻している
  • 実は、もう1台スマートフォンや携帯電話を持っている
  • 浮気相手との連絡は、Lineやメール以外のツールで取り合っている

もちろん、本当に浮気をしていない可能性も十分にあります。

つまり、携帯電話やスマートフォンの中身をチェックしただけでは、「真実はわからない」のです。

旦那さんが「浮気をしているか」をはっきりさせるには、「夫を尾行して、親密な関係の異性と定期的に会っているかどうか」を確認する必要があります。

しかし、この方法をあなた自身で行うことは、オススメできません。

尾行は特殊技術が必要で、素人では旦那さんにバレる可能性がとても高いからです。

もし、「どうしても浮気しているかはっきりさせたい」と思うのであれば、プロの探偵に浮気調査の依頼を検討してみましょう。

「プロの探偵と素人の技術力の違い」については、次の記事で詳細を紹介させていただいています。

詳しく知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

探偵の浮気調査方法・内容を解説!プロは確実に証拠をつかむ

2017.07.23

2.メールやラインの履歴を有効に利用する3つの方法

「本当のことがわからないなら、わざわざスマホをチェックしてもほとんど意味ないの?」と疑問に思いますよね。

先に述べた通り、Lineなどの連絡ツールからわかる情報だけでは、「浮気をしているのかどうか」を言い切ることはできないのです。

しかし、「メッセージのやり取り履歴」は、次のことに活用することができます。

  • 浮気を白状させる
  • その他の証拠と合わせて、「不貞行為」を証明する
  • 旦那の行動予定を把握して、「不貞行為の証拠」をおさえる

ただし、この方法は「必ず成功する」というわけではありません。

そのため、慎重に行うことが大事です。

この項では、上記の情報の使い方を詳しく紹介させていただきます。

2-1.浮気を白状させる

メールやラインで、明らかに浮気を疑わせるような内容があれば、正直に白状させることを狙って旦那さんを問い詰めることができます。

ただし、先ほども説明したとおり、言い逃れをされる可能性があります。

そのため、確実に浮気を認めてくれるとは言えません。

もし、旦那さんが浮気を認めたら、必ず「浮気をしました。今後は2度と浮気をしません」という内容の証文(証拠にするための文書)を作りましょう。

あとで、「やっぱり浮気はしていない」と言わせないためと、反省させるためです。

また、離婚せざるを得ない状況になったとしても、慰謝料を請求する正当な理由にすることができます。

2-2.その他の状況証拠と合わせて「不貞行為」を証明する

ラインやメールなど「不貞の証拠」ではないものでも、いくつかの状況証拠を合わせることで旦那さんの不貞行為が認められることがあります。

たとえば、次のような場合です。

  • 夫のLineやメールで、浮気相手と思われる女性と、日時を明確にして会う約束をしているやり取りを写真におさめた
  • 上記と同じ日時で利用したラブホテルのレシートが、夫のサイフから見つかり、写真におさめた
  • 上記と同様なことが、3回以上繰り返し見つかり、すべて証拠として写真におさめている
    ※あくまで一例であり、「不貞行為が認められるか」はそのときの状況によります。

ただし、次の3点から、この方法とはても難しいと言えます。

  1. つじつまが合う説明ができなければいけない
  2. 相手に「不貞を行ったとしか考えられない」と思わせるために、多くの状況証拠が必要になる
  3. 裁判や調停まで進んだとしたら、裁判官もしくは調停員を納得させなければいけない

感情任せに「私以外の女性とセックスをした!」と主張しても、納得する方は少ないです。

そのため、多くの状況証拠から、性的行為があったことをロジカルに説明する必要があります。

相手を納得させるための「理論的な話の組み立て」は、一般の方には難しいです。

さらに、万が一、法廷まで話が進むことを考えると弁護士などの「相手を説得する」ことに長けた、法律の専門家に相談した方が良いでしょう。

2-3.旦那の行動予定を把握して「不貞行為の証拠」をおさえる

メールやラインで、浮気相手と思われる女性と「次は〇月〇日の〇時に会おうね!」というやり取りがあった場合、確実にその日時に会うはずです。

そのため、旦那さんに見つからないように尾行をすることで、ラブホテルに出入りしている場面を記録することができる可能性が高いと言えます。

ただし、前述したとおり、素人では尾行中に夫にバレたり見失ったりすることがほとんどです。

そのため、尾行調査に長けた探偵に相談することをオススメします。

なお、自分自身で尾行調査をするリスクについて、詳しく知りたい方は次の記事を参考にしてください。

浮気調査を探偵に依頼する場合と自分で探るメリットとデメリット

2017.07.16

まとめ

メールやLineなどの文章のやり取り履歴だけでは、夫の浮気についてシロ・クロ付けることはできません。

あなたが知らないところで、「旦那さんは何をしていたのか」を証明できないからです。

そのため、恋人との会話のようなメッセージを発見したとしても、すぐに旦那さんを問い詰めることがないように気を付けましょう。

とぼけられたら、一方的に責め続けるか、諦めるしかないからです。

あなたが「間違いなく浮気をしている!」と決めつけても、旦那さんが自分から認める、もしくは否定できない状況にしなければ、「ヒステリーを起こしている」と思われるだけになってしまいます。

裏切られただけでも悔しいのに、このような、追い打ちをかけられる状況にはなりたくないですよね。

これを避けて、あなたが有利な立場になるためにもっとも確実な方法は、「不貞行為の証拠」を手に入れることです。

旦那さんのスマホをチェックするのであれば、「これは怪しい!」と感じる情報が見つかった場合、探偵事務所に相談することを1つの選択肢として考えておきましょう。

もし、相談する探偵事務所を選びたい場合は、下記の記事を参考にしていただけると確実に優良な探偵を見つけることができるはずです。

浮気調査を依頼する優良な探偵の選び方:絶対外せない7つのポイント

2017.06.19

ラインの履歴は証拠にならない?決定的な証拠を掴む方法とは?

Lineの履歴は言い逃れができるため
証拠としてはとても弱いです。

しかし、自分で調査をして、
これ以上の証拠を掴むことは困難なため
次の方法をオススメします。

  • 探偵に浮気調査を依頼する

探偵は旦那さんと浮気相手がホテルを
出入りする映像を取るのは簡単です。

これなら言い訳はできません。

私は探偵に依頼した2日後に証拠を掴み
夫は土下座して反省し、今では以前より
私に尽くしてくれています!

探偵は相談だけなら完全に無料なので、
せひ利用して夫婦仲を改善しましょう。

⇒ 決定的な証拠を掴む唯一の方法を見る