浮気調査を探偵事務所や興信所に依頼する目的や理由とは?

あなたが旦那さんの浮気を疑ったときに、探偵に浮気調査を依頼することを考えたことがあるでしょう。

しかし、探偵に調査をしてもらった結果、本当に浮気をしていたとしたらどうしていいのかわからず、「調査依頼をする」という一歩を踏み出せないでいる方が多いです。

浮気調査を依頼する理由や目的が、不明確だからです。

この場合、「ほかの人たちはどういう目的で浮気調査を依頼しているか」を参考にすることをオススメします。

これにより、あなたにとって「浮気調査の結果をどう扱うことが、ベストなのか」を考えることができるからです。

このページでは、実際の「浮気調査を探偵事務所に依頼する目的や理由」を紹介します。

いろいろな目的で調査の依頼をされている方がいるので、あなたが今後、夫婦関係をどのようにしていくかの参考にしていただけると幸いです。

1.探偵に調査依頼をする目的

探偵事務所に浮気調査をする目的は、すぐに離婚するためだけではありません。

その他にも、次の目的で利用する方がいます。

  1. 離婚を前提に考えて、慰謝料を請求するため
  2. 浮気相手から慰謝料を取るため
  3. 浮気をしたことを反省させて夫婦関係を修復するため
  4. 離婚をするつもりはないが、夫から離婚を言い渡されたときのため
  5. 子供が社会人になってから離婚するため

このように、計画的な考えを持って行動をしている方が多く見られるのです。

この項では、上で紹介した目的があなたの参考になるように、解説をしていきます。

1-1.離婚を前提に考えて、慰謝料を請求するため

「不貞(配偶者を持つ人が、他の異性と肉体関係を持つこと)の証拠」がない場合、あなたから旦那さんに離婚を言い渡しても、相手がそれを認めてくれなければ離婚は成立しません。

しかし、不貞の証拠を持っていることで有利に進めることができます。

原則的に、有責配偶者(婚姻関係の破綻になる原因を作った側のこと:この場合、夫のこと)の離婚に関する主張や意見は考慮されなくなるからです。

つまり、夫が「離婚をしたくない」と言ったところで、却下されるということです。

また、不貞の証拠を持っていることで、法的手段で慰謝料請求をすることも認められます。

このことから、離婚を前提で考えたときの「今後の生活のため」や、「浮気をした責任を取ってもらう」という意味で慰謝料の請求を目的として、探偵事務所に調査依頼をする方がもっとも多いです。

1-2.浮気相手から慰謝料を取るため

離婚する・しないにかかわらず、旦那さんの浮気相手に慰謝料を請求するときに、増額が見込める場合があります。

そのため、浮気相手に慰謝料請求をする目的で探偵に浮気調査を依頼する人も多いです。

ただ、旦那さんの浮気相手に慰謝料を請求するには、最低でも相手の住所と氏名がわかっていなければいけません。

しかし、旦那さんを問い詰めても、浮気相手の情報を素直に教えてくれることはほとんどないでしょう。

夫は、「浮気相手にはできるだけ迷惑をかけたくない」と思っていることが多いからです。

そのため、浮気現場を張り込んで旦那さんと浮気相手が別れたら、浮気相手が自宅につくまで尾行するなどして、相手の情報を手に入れる必要があります。

しかしながら、この方法は素人であるあなた自身で行うと、不審者と思われて通報されたり、途中で見失ってしまったりする可能性が高いです。

1-3.浮気をしたことを反省させて夫婦関係を修復するため

夫婦関係を修復させる第一歩は、「浮気をしていたことを反省させる」ことです。

しかし、浮気相手とのメールやLINEのやり取り履歴などを見つけたとしても、浮気をしたこと自体を認めないでしょう。

「恋人のような文章のやり取りをして遊んでいただけ」という言い訳ができてしまうからです。さらに、逆ギレをされることもあります。

そのため、浮気をしたことを認めさせるには、「浮気相手とラブホテルに出入りしている場面の写真」などの証拠を突き付けることが必要です。

この証拠は、法律でも認められ、言い逃れができません。

つまり、「言い逃れができない証拠」があれば、旦那さんに浮気をしたことを反省させることができるのです。これにより、旦那さんとの仲を改善するきっかけができます。

最近は、この目的での調査依頼が増えています。

1-4.離婚をするつもりはないが、夫から離婚を言い渡されたときのため

旦那さんが浮気をしていても、「生活をするため」と割り切って夫婦生活を続ける方もいます。

このような方は、今後、夫から離婚を言い渡されたとしても、主導権を握るために調査依頼をされます。

もし、旦那さんから「離婚したい」と言われても、浮気の証拠を突き付けることで、「夫婦関係を崩す原因を作った」として、旦那さんが有責配偶者になります。

そのため、先ほど説明をしたとおり、旦那さんの主張は法律的に認められることはないのです。

さらに、「どうしても離婚したいなら慰謝料を支払いなさい」と言って、旦那さんを尻込みさせることもできます。

このように、離婚の抑止力として「浮気の証拠」を持っておくために、探偵事務所に依頼をする方もいるのです。

1-5.子供が社会人になってから離婚するため

まだ独り立ちしていない子供がいる家庭の場合、「本当は離婚したいけど、学費などが支払えなくなると困るから離婚できない」と考えている方もいます。

こういった方は、浮気の証拠を保管しておいて、子供が社会人になったら慰謝料を請求しつつ離婚するという計画を立てています。

2.浮気調査を効率的に行うには、目的を明確にしておくことが大事

探偵に浮気調査を依頼した場合、予想以上に費用がかかるでしょう。

そのため、効率よく調査を行って、少しでも費用を安く済ませるためには「浮気調査の目的」をはっきりと決めておくことです。

たとえば、最初は浮気相手に慰謝料請求をするつもりがなかった場合、ラブホテルを出入りしている現場を写真や動画で収めることで、浮気調査は成功になります。

しかし、その後に「やっぱり浮気相手にも慰謝料を請求してやる」と考えたとします。

すると、また尾行調査を行って浮気相手の素性を調べるという、2度手間になってしまうのです。

浮気調査は、1日で10万円近くかかることがあります。そのため、費用を抑えるには、2度手間にならないように、「どういう証拠があれば良いのか」をはっきりとしておくことが大事です。

また、浮気調査にかかる費用や、信頼できる探偵事務所の選び方については下記記事を参考にしてください。

浮気調査を依頼する優良な探偵の選び方:絶対外せない7つのポイント

2017.06.19

浮気調査の費用や相場:探偵事務所に直接聞いた具体的な料金体系

2017.06.04

まとめ

探偵事務所に浮気調査を依頼する方の目的は、「すぐに離婚すること」だけではありません。

証拠を持っていることで、今後のあなたの人生を大きく左右する、「夫婦関係の主導権」を得ることができるのです。

ただ、中には、メールのやり取りを見られただけで、浮気を認める旦那さんもいます。

しかし、ほとんどの人がその程度では、浮気を認めずに言い訳や逆ギレをするでしょう。このようになってしまうと、不毛な口論が続くことで夫婦関係が悪化します。

その結果、慰謝料も取れずに離婚せざるを得ない状況になりかねません。

この最悪の状況を避けるために、「言い逃れのできない証拠」を準備しておくことは必須と言えるでしょう。

当サイトで紹介している探偵事務所は、年間を通して無料相談の受付を行っています。

まずは、この無料相談を活用して、相談員さんの話を聞くことをオススメします。

当サイトでオススメしている「原一探偵事務所」の相談員さんは、ベテランの方ばかりです。そのため、豊富な提案を受けることができます。

本当に依頼をするかどうかは、それからでも遅くないはずです。