原一探偵事務所の浮気調査料金を含めた依頼するメリット3つ

「旦那の浮気の証拠を掴みたいけど、結局どこ探偵事務所に依頼をすればいいかわからない」と悩んでいる方は多いと思います。

探偵事務所は、アニメやドラマでよく見かけるため、そのイメージがしか持っていないはずです。

実際に利用したことのある方は少ないですし、頻繁に依頼することでもありません。さらに、なんとなくアンダーグラウンドなイメージがあり、何を基準に考えればいいのか、イマイチよくわからないでしょう。

そこで、本記事では当サイトの一押しである、「原一探偵事務所」に依頼するメリット3つを紹介をします。

是非、参考にしていただけたら幸いです。

原一探偵事務所に浮気調査を依頼するメリット3つ

当サイトが原一さんをおすすめする理由は、下記3点のメリットがあるからです。

  1. トラブルが発生しない料金体系
  2. 他社には真似できない調査力
  3. 心を支えてくれるプロの相談員

調査力と料金については、誰もが気になる部分です。後述しますが、原一探偵事務所はこの2つについては、申し分のないシステムになっています。

しかし、上記の2つにばかり目がいってしまって、相談員の質は見落としがちです。

浮気調査を考えるということは、「旦那に裏切られた」という想いから、あなたの心はすでに傷付いています。さらに、調査を進めた場合、その結果次第でさらに傷付くことになるでしょう。

そんな時に、あなたの心を支えてくれる相談員の技術力も、探偵会社を選ぶ際に重要なポイントになります。

原一探偵事務所では、相談員教育にも力を入れているため、安心して相談できるのです。

次に解説するメリット3つの理由を参考に、他の探偵社との比較をしていただければと思います。

1.トラブルが発生しない料金体系

1つ目のメリットは、トラブルは発生しない料金体系です。

原一探偵事務所の料金体系は、下記の2つ特徴があります。

  1. 調査料に交通費などの諸経費がすべて含まれている
  2. 見積り提示額から追加料金一切なし

探偵に調査を依頼する際に、「いったいどれだけの料金がかかるのだろう」と誰もが不安になるはずです。

相場もよくわからないし、詐欺被害も発生していることが現状としてあります。

しかし、その中でも原一さんが信用されて多く選ばれる理由の1つは、上記の2つの特徴を軸とした、「調査料の明快さ」です。

原一さんでは見積もりを作成する時点で、緻密な調査計画を立てて、諸経費を計算します。そして、一度出した見積りから、追加請求しないことをポリシーとしているのです。

1-1.原一探偵事務所と他社との料金比較

上表からわかるように、原一さんは調査費用が高く、最安ではありません。

しかし、浮気調査は結果が伴わなければ、どんなに安くても意味がないのです。そのため、他社と比較する場合は、「本当に見積もりの料金で、裁判で通用する証拠を得ることができるか」ということも考えなければいけません。

1-2.A社は証拠が尾行をしていない可能性がある

A社は安い調査料がウリですが、実際には尾行をしておらず、GPSの追跡しかしていないという事例があります。

この場合、「夫の車がラブホテルに停まっています。メンバーを派遣しないと証拠を押さえられませんが、どうしますか?」と追加で要求されるのです。その上、状況に合わせて即座に対応ができません。

調査員の派遣に了承をすると、「予定外の経費がかかった」という理由で、追加請求されます。さらに、調査員が到着するころには、旦那さんはすでにラブホテルから出てしまい、証拠を掴むチャンスを逃すのです。

このようないい加減な調査を繰り返されると、調査日数と経費ばかりが増えてしまいます。実際に上記のトラブルが、過去に起きているのです。

そのため、どんなに安くても、調査内容を見定めなくてはいけません。

1-3.B社は見積もりの2倍以上の請求をされる可能性がある

B社の場合、基本料金と調査料金の2倍以上の経費がかかっており、結果的に支払総額が高くなっています。

尾行調査は、ターゲットの行動を予測することが非常に困難です。そのため、「経費は後日に実費請求」というのは、理にかなっています。

しかし、問題は「あなたが想定していた以上に、実費がかかってしまう」ことです。当然ながら、あなたはプロの探偵ではないため、本当にそれだけの経費が必要だったか、または、本当に使われたのかという判断がつきません。

上記の料金比較表では、合計の支払いが20万円となっていますが、調査日数や調査人数によっては経費だけで50万円以上請求されることもあります。

浮気調査によって証拠を掴んだとしても、見積もりの2倍を超える請求をされたら、とても「満足できる」とは言えないでしょう。

1-4.C社は成功報酬に落とし穴有り

「成功報酬」は、一見すると「浮気の証拠取れなかったら、料金を払わなくていいんだ」と思って、安易に契約を交わしてしまいがちです。

しかし、「成功報酬」には落とし穴があります。それは、「成功」の定義が会社によってしっかりと決められているということです。つまり、「浮気の証拠が取れなかった」ということは、「旦那さんは浮気をしていないことが分かったため、調査成功」というように、必ず定義されています。

そのため、「成功報酬」を採用している探偵会社に依頼をする場合、「成功」の定義を理解しておかなければいけません。

悪質な業者では、写真が不鮮明でもターゲットと浮気相手が並んでいる場面を押さえたら成功としているところもあります。前述しているように、写真が不鮮明だと裁判では証拠として扱われなくなってしまいます。

このようなトラブルを避けるなら、そもそも成功報酬型の業者には依頼しないほうが得策です。

1-5.原一探偵事務所は、追加請求一切なしのポリシー

A、B、Cの3社の例に対して原一探偵事務所は、先に述べた通り、追加請求を一切しません。

尾行には、不測の事態が付き物です。創業40年を超える長年の経験や、あなたの話からある程度の予測はできますが、それでも、突然タクシーを使われたり、飛行機で遠方へ移動されたりということがあります。

当然ながら、証拠を捕まえるチャンスを逃さないために、予定をしていなかった交通費を払って、ターゲットを追跡しなければいけません。

このように、尾行調査は実際にやってみないと、どれだけ経費がかかるのかわからないものです。

それにもかかわらず、原一さんは「たとえ赤字になったとしても、追加請求をしない」というポリシーを貫いています。そのため、上記のようなトラブルの発生はあり得ません。

「交通費や機材代などの調査をやってみないとわからない料金を、後日請求されるのが嫌だ!」という方は、間違いなく原一探偵事務所を選ぶと良いでしょう。

2.他社には真似できない調査力

2つ目のメリットは、他社と比べてズバ抜けて高い調査力です。

どれだけ調査料金が安かったとしても、調査力が低く、正確な結果が出せなければ、まったく意味がありません。

調査力は、「探偵の技術力」と「調査用機材の性能」の両方が揃うことで、高くなります。

仮に、「探偵の技術力」がどんなに優れていたとしても、「調査機材の性能」が悪ければ、不鮮明な写真になってしまいます。また、逆の場合も同様に、どんなに優れた機材を持っていても、探偵の腕が悪ければ尾行がばれて、写真に収めるどころではありません。

このような事態にならないために、原一さんは調査力に非常に強いこだわりを持って、体制を整えています。

そのため、弁護士からの信頼が厚く、どの探偵会社よりも高い調査力を持っているのです。

以下では、原一探偵事務所の調査力が高い理由5つを紹介します。

2-1.調査員教育が厳しいためレベルが高い

原一探偵事務所の調査員教育は非常に厳しく、10人いた新入社員は一年後には1人になっているほどです。

他社では半年でベテラン、2年目でチームをまとめる役割をするところがあります。しかし、原一さんでは3年間の厳しい訓練を受けて、やっと現場へ送り出されるのです。

このような、半端なことが許されない環境で教育をされた調査員は、本当の技術力を身に付けます。

たとえば、尾行のターゲットをよく観察して、尾行開始から10分以内にターゲットのクセを見抜いて、行動の予測ができるように訓練を行います。この技術は、探偵の基本中の基本です。

さらに経験5年以上のベテランになると、街中にいる人たちを観察しているだけで、同業の探偵や私服警官を見抜いてしまうほどの技術を持っています。

また、ターゲットが急にタクシーに乗った場合、乗車してからチームに連絡していたのでは、見失ってしまいます。こういった状況に対応するため、ターゲットの行動を常に予測して、チーム全体が先回りできるようなチームプレーも徹底に訓練しているのです。

原一さんでは、上記以上の技術を持った、キャリア10年以上の調査員が三分の一を占めています。そのため、「業界で最高峰の技術を持った調査員」の集まりと言えます。

2-2.車両100台以上を所有しているため臨機応変に対応できる

原一探偵事務所では、100台以上の調査用車両を自社所有しています。本社が都心から1時間も離れた埼玉県川越市に位置するのは、その車庫スペースを確保するためです。

おそらく、「へぇ~。いっぱいあるんだね」と感じる方が多いと思います。

しかし、これは「大手だからたくさん所有している」というアピールではありません。車両の台数が、「調査力に直結する」ということです。

車両が少なければ、それだけ尾行がバレやすくなります。

浮気調査には、尾行が付き物です。もし、調査ターゲットの後ろを、30分以上も同じ車がつけていた場合、いくら警戒心が薄い旦那さんでも不審に感じます。

万が一警戒されてしまうと、その後の調査が困難になるでしょう。最悪は、浮気の証拠が掴めないという可能性もあります。

このような事態に陥らないために、原一探偵事務所は下記の方法を基本として、バレることなく尾行をします。

  1. 常に複数の車やバイクで行う
  2. 1台だけターゲットに近い位置につけ、その他の車両を無線で誘導する
  3. 2番を自然なタイミングで交替することを繰り返す
  4. 数日に渡る際は車両を替える

特に4番が、所有している車両台数によるところが大きいです。

他社の多くは、レンタカーで対応しています。しかし、レンタカーでは「空きがなく、必要な台数を確保できない」という可能性も考えなければいけません。

もし、必要な数の車両を準備できなかった場合、証拠を押さえるチャンスを逃しやすくなります。そのため、臨機応変に対応できるように、多くの車両を自社所有することが必要です。

つまり、「所有車両の台数は、調査力に直結する」ということになります。

2-3.自社で整備工場所有しているため車両の改造が随時可能

原一探偵事務所の本社には、大規模な車庫スペースだけではなく、自社所有の整備工場も併設されています。

この整備工場の業務は、主に下記2点です。

  1. 車両の点検・整備
  2. 調査用の特殊車両への改造

この2点を外部の整備工場に委託した場合、コストがかかる上に、納期も柔軟に対応することが難しくなります。そのため、整備工場を自社所有する必要があります。

前述の尾行方法は、ただ単にターゲットと同じスピードで後ろを走ればいいわけではありません。間にわざと関係のない車を挟んだり、監視を続けながら追い越して先回りをしたり、といったテクニックを使います。

この運転方法は、車両に大きな負担を与えます。だからといって、車両の調子が悪くて尾行ができないようでは、探偵会社として致命的です。そのため、整備を怠ることができません。

100台以上の車両を適時点検して、いつでも尾行調査を始められる準備できるのは、整備工場を自社所有しているからです。

また、車両整備と同時に、状況に合わせた車両の改造を行います。

たとえば下の写真のように、外から見ただけではわからないように小型カメラの設置をしています。さらに、近隣風景との違和感なく張り込みができるように、運送会社の車両を装った板金塗装を施すことも可能です。

このように、調査案件に応じて車両をカスタマイズすることで、尾行のターゲットから不審に思われることなく、追跡することができます。

たとえば、農村のような田舎の土地であれば、見たことのない高級車が停まっていたら誰もが違和感を覚えます。このような場合は、農業用トラックを装った調査用車両を出動させるのです。

上記のように、状況に合わせて車両まで柔軟に対応できるのは、全国でも自社の整備工場を所有している原一探偵事務所だけです。

2-4.調査用機材にもこだわり、性能が高い

原一探偵事務所の調査力の高さは、調査に用いる機材へのこだわりも理由の1つです。

たとえば、警察と同レベルで1台10万円もする、プロ仕様の無線を採用しています。

プロ仕様の無線のメリットは、下記の2つです。

  1. アマチュア無線と違い、非常にクリアな音で音声通信ができる
  2. 3人以上と同時に会話ができる

原一探偵事務所では、上記の無線を全探偵と、全車両に配置しています。

「そんなこと、プロの探偵なんだから当たり前でしょ」と思うかもしれません。

しかし、ほとんどの探偵は、業務用無線を持っていないのです。そういった探偵会社では、チームで携帯電話を使って情報のやり取りをしています。

ただ、携帯は無線と違い、3人以上で同時に話すことは不可能です。そのため、3人以上のチームで行動する際に同時にチーム全員と話すことができません。

その結果、情報共有に時間がかかり、「人込みで急に進行方向を変えた」などの突発的な変化に対応ができなくなります。

そのような事態に陥らないようにするには、無線が必須です。無線であれば常にチーム全員と会話が出来ます。そのため、チーム内の一人がターゲットを確認できていれば、その他のメンバーを誘導することができるのです。

さらに、原一さんでは「有用な機材の導入は、借入してでも導入する」という社長の方針で、調査機材の導入に積極的です。

調査機材の新製品が出たら、デモ機の試用をするために調査員が集まります。その場で調査員が意見を出し合い、「現場で使いたい」という声が多ければ導入します。

調査機材の性能は、調査結果に大きく影響するのです。

他社では、「機材を必要最低限に抑えて、調査費を安くしています!」と宣伝しているところがあります。このような会社は、調査機材の性能が低い場合があります。

たとえば、カメラの性能が低い場合、旦那さんと浮気相手の2人がラブホテルから出てきたところを写真に収めたとしても、写りが不鮮明で誰が写っているのか断定できません。そのため、裁判で浮気の証拠として認められないことがあります。

これでは、いくらお金を出して、調査を依頼しても無駄に終わってしまいます。

このような可能性を極力減らすため、原一探偵事務所では調査機材の性能にこだわっています。その結果、他社には真似できないほど、調査力が高いのです。

2-5.東京都弁護士協同組合に認可されているため弁護士からの信頼が厚い

原一探偵事務所は、東京都弁護士協同組合(略して東弁協)に特約店として認可されていることから、調査力が高く、料金体系も含めて優良企業であることがわかります。

東弁協の公式HPはこちら

東京には100社以上の探偵事務所がありますが、この東弁協に認可されていている8社しかありません(2017年5月現在)。原一さんは、その中の1つです。(東京拠点は新宿区と中央区に所在)

補足説明
東弁協とは東京に所在する弁護士の協同組合です。その特約店とは、東弁協が厳しい審査のもと、「信頼できる」と認定した業者です。東弁協は組合員である弁護士たちに、特約店の利用を推奨しています。

弁護士が業務活動を行う際に、探偵事務所に調査を依頼することはよくあることです。そのため、特約店に認定されると、必然的に弁護士からの依頼が多くなります。

弁護士は、「法廷で勝つことを前提」として調査依頼をします。そのため、調査報告書の出来栄えを厳しくチェックするのです。

このように、普段から法律のプロである弁護士を顧客としているため、必然的に調査力や報告書の質が高くなっていきます。

つまり、特約店に認可されているということは、原一さんの調査は信用できるということです。さらに、「調査結果と内容に見合った、適正料金である」と、弁護士が認めているとも言えます。

 3.心を支えてくれるプロの相談員

3つ目のメリットは、探偵事務所の窓口でもある「相談員の質が高い」ことです。

小規模の探偵会社では、相談員としての訓練を受けたことがない、電話番のような人が相談員を名乗ることがあります。

しかし、原一探偵事務所では、相談員の教育にも力を入れています。

原一さんの相談員は全員女性で、「夫婦カウンセラー」の有資格者です。さらに、社内教育として、探偵業務の基礎知識や面接技術の習得を、徹底的に行っています。

このようなプロの相談員に、問い合わせ時から浮気調査終了後も、精神面のフォローをしてもらうことができます。さらに、「これからどのようにして進めていけばいいのか」という悩みに対しても、的確なアドバイスがもらえるのです。

旦那さんの浮気を疑うと、不安になったりイライラしたりと、精神的に不安定になってしまいます。その上、浮気調査の結果によっては、大きなショックを受けて現実を直視できなくなることもあるはずです。

そのような場合は、原一探偵事務所のようなしっかりとしたプロの相談員さんに、どんな些細なことでも話してみましょう。必ず親身になって、あなたの心の支えになってくれます。

補足説明
法律相談や離婚調停、訴訟の場合の弁護士紹介も可能です。また、裁判で証人出廷も対応してくれます。

原一探偵事務所はこんな方にオススメ

原一探偵事務所は、どんな方にもおすすめのです。その中でも特に、下記のような方は原一さんに依頼をすると、間違いがありません。

  • どこに依頼すればいいかわからない
  • 絶対に、浮気をしているか、白黒つけたい
  • いくら請求されるかわからない経費の実費精算が不安
  • 旦那さんの警戒心が強く、調査が困難

調査力の高さと、調査料金の明快さから、非常に安心感があります。そのため、他の探偵社に1つでも疑問や不安を感じるようでしたら、迷わず原一探偵事務所を選ぶことをおすすめします。

原一探偵事務所は違法調査を行いません

原一探偵事務所は、「探偵業法」に則って調査を行います。そのため、違法となる調査は絶対に行いません。

違法調査の例は、下記になります。

  • 電話番号や携帯電話からの個人特定
  • ナンバープレートからの個人特定
  • 預金口座・ローン残高の調査
  • 出身地・出生に関する調査
  • 別れさせ屋・退職に追い込む等の工作行為
  • 盗聴・盗撮などの法律的に違法と言われる調査
  • 犯歴・戸籍謄本・住民票の入手

問い合わせをする前に、一度冷静になって、「依頼をしようとしていることが違法に当たらないか」考え直してみましょう。

原一探偵事務所の紹介動画

公式HPにアップされている、原一探偵事務所の紹介動画になります。

概要を掴みやすいため、ぜひ参考にご覧ください。

弁護士、警察OBからのあいさつ

優れた実績と評価を持つ原一探偵事務所は、弁護士や警察OBからの信頼を得ています。

公式HPに記載されている、弁護士、警察OB、社長からの言葉も参考にして、調査依頼を検討していただければ幸いです。

会社概要

会社名株式会社 原一
原一探偵事務所®
代表取締役大原一泰
資本金8300万円
電話番号0120-85-8011
URLwww.haraichi.co.jp
E-mailこちらからお問合せください。
加盟団体内閣総理大臣認可法人 全国調査業協同組合 会員番号NO.3015
Cll 世界探偵社協会 MemberID NO.M654
本社(川越)〒350-0826
埼玉県川越市上寺山2-1
埼玉県公安委員会
開始届出証明書番号 第43070145号
日本橋〒103-0027
東京都中央区日本橋2-1-20 9階
東京都公安委員会
開始届出証明書番号 第30070443号
札幌〒060-0808
札幌市北区北8条西4丁目1-1 4F
北海道公安委員会
開始届出証明書番号 第10070111号
仙台〒980-0014
宮城県仙台市青葉区本町2-6-15 4階 401号
宮城県公安委員会
開始届出証明書番号 第22120010号
水戸〒310-0803
茨城県水戸市城南2丁目1-20 井門水戸ビル3階
茨城県公安委員会
開始届出証明書番号 第40160002号
千葉〒260-0028
千葉市中央区新町3-7 8F
千葉県公安委員会
開始届出証明書番号 第44110018号
大宮〒330-0854
埼玉県さいたま市大宮区桜木町2-194 Y.Sビル 6F
埼玉県公安委員会
開始届出証明書番号 第43130047号
新宿〒160-0023
東京都新宿区西新宿1-22-1
スタンダードビル 12F
東京都公安委員会
開始届出証明書番号 第30140132号
横浜〒221-0835
神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-25-1 横浜YS西口ビル4F
神奈川県公安委員会
開始届出証明書番号 第45110051号
群馬〒370-0052
群馬県高崎市旭町46-2 4B
群馬県公安委員会
開始届出証明書番号 第42150011号
静岡〒420-0858
静岡県静岡市葵区伝馬町9-7 塚本ビル5F
静岡県公安委員会
開始届出証明書番号 第49152550号
名古屋〒460-0011
愛知県名古屋市中区大須1-21-20 2F
愛知県公安委員会
開始届出証明書番号 第54070209号
大阪〒532-0011
大阪府大阪市淀川区西中島5-14-22 5F
大阪府公安委員会
開始届出証明書番号 第62093370号
神戸〒651-0097
兵庫県神戸市中央区布引町4-2-12 7F
兵庫県公安委員会
開始届出証明書番号 第63150008号
岡山〒700-0023
岡山県岡山市北区駅前町2-5-24
JR岡山駅第2NKビル11F
岡山県公安委員会
開始届出証明書番号 第72140014号
広島〒732-0052
広島県広島市東区光町2-9-14 3F
広島県公安委員会
開始届出証明書番号 第73130016号
松山〒790-0067
愛媛県松山市大手町2-9-34
大手町MUKAI.BLDG 4F
愛媛県公安委員会
開始届出証明書番号 第82140005号
福岡〒810-0001
福岡市中央区天神2-13-18
天神ホワイトビル6階
福岡県公安委員会
探偵業 開始届出証明書番号 第90090042号